訪問セッションに対する考え方|有効訪問セッションを獲得する為の取組み|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

訪問セッションに対する考え方|有効訪問セッションを獲得する為の取組み

訪問セッションに対する考え方|有効訪問セッションを獲得する為の思考・取組み
webサイトを運営しておりますとアクセス解析くらいは日毎に確認されている方は多いと思います。その中で実質的にwebコンバージョンジョンに直接的に影響を及ぼす事項を訪問セッションを中心に考えてみようと思います。
ではいったい訪問セッションがどこからやってくるのか?そしてどこからやってくる訪問セッションがコンバージョンに繋がるのか?大きく分類しますと、候補として上がるのは、①検索エンジン ②参照元サイト ③直接アドレス入力の3つと考える事が出来ます。しかしこれら経由で訪問してくる方の全てが貴方の商品・サービスに関心を持つ方とは限りませんし、購入や注文や見積もりを前提にした訪問動機かと言われますとその質はかなり限定的と考えるのが妥当です。
当社では、訪問セッションの内、商品・サービスに関心が存在すると思われる方を訪問経路、ならびに訪問後のページビューや直帰率を元に算出し、関心が存在すると思われる訪問セッションの事を有効訪問セッションと呼んでおります。(※関心が存在すると思われる訪問者と言う概念であり、購入に繋がると言う概念ではありません)
これらを算出している理由は、過去の多くのクライアント様のアクセスデータから学んだ経験を基ににしているのですが、有効訪問セッション数が多いサイト程、当たり前ながらコンバージョン数は多く(率の話しではありません)逆に訪問セッション数は多いが有効訪問セッション数自体は少ないというお客様程、コンバージョン数は低いと言う結果が出ています
●有効訪問セッションからの訪問機会を増やす
そしてここで考えたいのが、「有効訪問セッションはどこからやってくるのか?」と言う事になります。私的には過去のデータからその多くが検索エンジンから自分で探してアクセスして来ていると言う判断をしております。
しかし検索エンジンと一言で言いましても検索キーワードによって訪問者の質は天と地程、異なるものであり、如何に関心が存在すると思われる(質の高い)訪問数を獲得させるのか?と言う部分に対するオペレーションが、実際には私のような外部的なアクセス施策をサポートする人間の力量と捉えてほしい部分です。これに関しましては下記3つの事項を記載しておりますので参照ください
特定のキーワードで上位に入ってもそのキーワードから訪問する方の質が低ければ意味がない
質が高い訪問者を獲得できてもその数量が少なければコンバージョン数は伸びない
質の高い訪問数をある程度獲得できても対する費用対効果がでなければ意味がない
上記3項目を考えてお客様に合わせてオペレーションを構成する事こそ、先に記載しましたが私のような外部的なアクセス施策をサポートする人間の力量と言う事になります
●訪問セッション⇒有効訪問セッションに変換させる
有効訪問セッションばかりが増えていけば何の苦労もしません。しかし現実にはそう簡単には行きません。何故ならば訪問者毎に訪問するにあたっての動機が存在し基準が存在するからです。例えばAと言う商品を単純に探している方もいれば、Aと言う商品で一番安いお店を探している人もいると言うと分かりやすいかも知れません
故に有効訪問セッションとなる方をサイトに誘導するアクセス施策の重要性+、当初はそれ程までに関心はなかったが「サイトを経由する事で関心が芽生えた」と言う訪問者へのアクションもコンバージョンを向上させる為には不可欠な要素なのです
しかしこの要素へのアクションは私のような外部者が関与できる事項だけではありません。webサイト的な要因に対する取り組みはそのサイトのweb制作やサポートを行えばある程度までは実施できる部分もございます。しかし下記のようなアクションは運営者自らが考えなければならない大きなポイントなのです
商品ブランディング強化の為の考え方
商品力の向上
企業信用性の向上
他社との差別化要因への取り組み
価格や商品に対するアクション
キャンペーン等の実施
ターゲットの明確化
購入・予約後のサポート体制 
これらを訪問者にwebを介して伝える為の方法論の模索
 など・・・・
上記見て頂ければ分かると思いますが、これらはwebマーケティングにおいて必要となると言う範囲以上に全ての商いにとって日々模索しなければならない事項であり、運営者のこれらに対する考え方やアクションこそが購入する顧客に伝わる事で顧客はコンバージョンと言うアクションを実施してくれるものなのです。
webマーケティングに詳しくない運営者の中には、検索順位が高ければ閲覧者からのアクションを獲得できる。webサイトデザインが美しければ商品は売れると言う とても偏った解釈をされる方も少なくはありません。勿論、それらの要素がコンバージョンに影響しないとは言いませんが、それらの要素のみが訪問者がコンバージョンするかしないかの決め手になっているケースは非常に低いと言う事を事実として考えておく必要はあります。
数値的根拠を踏まえた提案と見える要望を踏まえた提案の違い
お客様のこうしたいと言う要望はほぼ「見える部分」に集約されてしまいます。例えばデザイン、システム、予算(金銭)、目標数などがこれに当たると言えます。そうした場合、これら全ての要望にお答えするとなると、工数が増える問題やホームページ リニューアルの本来の趣旨から遠くなる事も往々にしてあるわけです。ですから私はお客様のご要望に関してはポイントを整理してお伺いするようにしますし、お客様のご要望に対する予算に関してはなあなあにせずに最初に厳し目に通知するようにしております。
(例)
現状1ヶ月に1つしか売れないサイトが1ヶ月に10個売れるようにして欲しいと言う要望を頂いた場合
※検討事項を順に表記
・そもそもその商品が1ヶ月10個webで販売する目標が現実的であるのか?
・現況何故、10個売れていないのかの要因追求(アクセスデータ検証)
・10個売る為に必要になってくるアクセス数・アクセスの質
・アクセス数・アクセス質を取得する為の施策と予算の抽出
・CB率やクリック率向上、ブランディングの為のデザイン(魅せ方の検討)
・自社運営に伴うサイト仕様変更の検討
・お客様の現況の技術やサイト状況を基にして今後の運営プランの検討
・お客様予算に対する施策工数の見直し
・お客様アクション、当社アクションの明確化
上記のような検証・検討の段階を踏んで、必要に応じてGoogle SEOやSEMや リニューアルやシステム導入等を御提案するようにしております。ですからお客様のご要望を鵜呑みにした提案と言うよりは非常に現実的な提案になる為に、私が提案したお客様の中には「今後web運営を行なうかどうかを検討したい」と言うお客様も実は少なくありません
仮に現状1個しか販売できていないお客様の場合は、当たり前ながら多くの改善点が存在しますのでお客様の考えられる予算と合わない。もしくは目標の10個売れても費用対効果が低いと言うような問題点も出てくる事もあるのです
またこれらの目標を掲げ予算を投入するならば、お客様自身が受身(他人任せ)でも思う程の効果は得られません。しっかりと自社サイトの現況を把握しつつ施策の検討。現実のマーケティング活動とwebマーケティングとの統一感も不可欠な要素です。
何度か言いますが、webサイトから集客・販促を成功させる。⇒かなり難しい事への取り組みなのです。お金を使えば成功する事が約束されているものでもないです。「自社には何が足りないのか?」このような部分からまずは自身で探ろうとする姿勢が重要です。

①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください