SEO対策⇒LPO対策⇒コンバージョン獲得⇒費用対効果(高)を実現するCMS|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

SEO対策⇒LPO対策⇒コンバージョン獲得⇒費用対効果(高)を実現するCMS

SEO対策⇒LPO対策⇒コンバージョン獲得⇒費用対効果(高)を実現するCMS
CMSで階層(ディレクトリー)を2つ以上持つサイト仕様で制作されたwebサイトの場合、如何なる部分の情報をそれぞれのディレクトリーに引き継ぐのかと言う部分にも依りますが、理屈的には2つ以上の異なるwebサイトを1つのサイトに組み立てていると言う仕様となります。
そしてこれらは、昨今のSEO・LPO対策として(特に内部的な対策)は見逃す事の出来ない不可欠と言える要素になりつつあります。今回の記事はその辺りにフォーカスした記事を展開したいと思います。尚、CMSの最大の利点とは「SEOに有効」と言うではありません。
【1】CMS(コンテンツマネージメントシステム)と検索エンジンの巡回
SEOを実施する上で、重要な要素の一つとして、検索エンジンと言うものはweb上のリンクを辿ってサイトを巡回しているという特徴を抑えて置く必要があります。
故に他者からリンク付きでwebサイトを紹介してもらう事、自社所有のブログや他のwebサイトからリンク付きで紹介をしてもらえばもらう程に検索エンジンは貴方のwebサイトに巡回をしてくれるようになるでしょう
基本的に何もしないでも(自然に)他者からリンク付きで紹介してもらえるようなwebサイトを運営していたならばあまりこのような部分を考える必要はありませんが、通常のwebサイトの場合はそう簡単に自然に紹介を受けるような事はないでしょう
よって自社ブログや自社所有のwebサイトから、巡回をして欲しいwebサイトにリンク付きで紹介する位が、多くの方が取り組みやすい対策方法の一つと言えます。
しかし考えみてください。自己所有の外部サイト(ブログやwebサイト)なんて言う存在を沢山持っている方なんて非常に少ないと思われますし、逆に持っていたとしても、更新管理も大変でしょうし、更新されていない状態のブログやサイトから、幾ら沢山のリンクが巡らされていたとしても、メインとなるwebサイトへの検索エンジンの巡回頻度が高くなる事はないと言えます。
しかしこれらの問題はcmsと言う仕様でwebを構築し、自社サイト内でブログ運営をさせたりサービス・商品毎のページ運営等を実施する事で、様々なブログやwebを単一で管理するのではなく、自社のメインとなるwebサイト内で実現できるような一元管理体制を整える事が可能となります
勿論、ブログやサービス・商品情報の更新作業はメインとなるwebサイトの更新に直結します。(その逆もしかりでメインwebを更新した際は、ブログやサービス・商品情報のページも更新されるようになります)それによりcmsで開発したwebの場合は、常に高い更新頻度が保たれますので、検索エンジンからの定期的な巡回を受けやすくなります。
巡回頻度が上がる事で、常に新しい情報を提供しているwebサイトとして検索エンジンからの信頼度は高くなり、インデックスされる速度も高くなる事から、新しい情報等をRSSで取得するポータルサイト等やブログサイトへの露出頻度も高まる場合もありますので、SEOの観点だけではなく単純に1つのアクセス施策として、最近では通常のwebをcmsで構成する事が増えています。
【2】CMS(コンテンツマネージメントシステム)とSEO・LPO対策との関連性
CMSの場合はページ間の情報をパーツ化させて管理しているような設計である事や【1】で記したようにweb更新頻度が自ずと上がりやすい為に更新作業によりページが増える毎に、検索エンジンからインデックスを受けやすい設計となります。
サイト内にインデックスが増える事で、内部リンク構成等を最適化(seo対策)している場合は関連性の高いリンクを自社サイト内に新しく形成できる事から、対象キーワードでの検索順位の向上に好影響を及ぼしやすい状態を作る事が出来ます(リンク形成する事で評価が落ちる事もあります)
且つCMSの場合はページ追加(作業)やカテゴリー分類等が容易に実施できる為に階層下に常に関連強い内容のページを配置できる事からも、検索ユーザーの動機に近いページをユーザーにとってのランディングとしやすく、それにより直帰を防ぎつつ且つ、同一カテゴリーページを自動的にナビゲーションする事で、検索動機ユーザーのサイト滞在率を高める事に有効です。
結果として「滞在率を高め」それに近いサービスページへ誘いやすい状態を作る事で、ユーザーから何れかのコンバージョン(反響)を受けやすくなりますし、コンバージョン獲得を意識した上でサイト構成をCMSによって予め開発する事で、運用後の人的な工数を落とせる事もcms採用の大きなメリットであリます。
【3】CMS(コンテンツマネージメントシステム)と費用対効果(高い)
CMSを利用すれば誰でも費用対効果を上げれると言うわけではありませんが、cms以外のwebを運用している方ならば実感できると思いますが、更新作業は格段にCMSの方が便利です。
例えば、CMSの場合は更新するコンテンツを考える事・考えたコンテンツを文書化する事にだけに時間をかければ良いのですが、通常のHTMLで構成されたサイトの場合は管理FTTPにログインしたりプレビューしたりCSSを追加したりHTML構文を作ったりと、更新するコンテンツに気を揉む以外の部分に人為的な作業工数が結構、発生します
人為的工数がかかると言うのは、言い換えると人件費と言うコストが高いレベルで発生すると言う事ですから、仮にcmsであるかそうでないかで売上が同等ならば費用対効果が高いのはcmsの方になります。
またcmsでない場合は、情報の速度も遅くなります。構想が確定した内容の更新作業でも数日を要する場合もあるでしょう。時は金なりと言うようなことわざから引用すれば明らかな機会損失を起こすと言う事からも、cmsに比べ費用対効果は低いと言わざる得ません。
勿論、更新作業そのものを外注しているような企業様においては他社を利用する事で発生するコストを抑え更新作業にも自社で取り組めますので、コストは落ちると言えるでしょうから、このような事を総称し、cmsとは継続的な運営(年間管理費)において費用対効果(高)が見込める仕様であると言えるのです
●CMSに仕様を変えて費用対効果を上げやすい業種・業態とは・・・
・複数の店舗を運営しているような店舗ビジネス系の業種
・通販等のECサイト、web上で販売促進が可能な業種
・商品・サービスの単価が高い業種
・他社よりも優れている部分が分かりやすいサービスを取り扱う業種
・複数の従業員が日常的にSNSを活用しているような企業・店舗
※上記のような項目に当てはまるのであれば、是非とも中長期的にコンバージョン率や高い費用対効果取得の為に自社のweb仕様をcmsに変更される事をオススメ致します。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください