滞在率の向上の為のサイト仕様|アクセスを垂れ流さない(離脱)させない|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

滞在率の向上の為のサイト仕様|アクセスを垂れ流さない(離脱)させない

アクセスを垂れ流さない(離脱)させない為の施策として
多くのサイト運営者がホームページ運営に真剣に励むと、必ず検討する事項として、自分のホームページへのアクセスユーザー滞在率を考えます。実はホームページを活用する上でこれらに対する対策が最も『戦略的な部分であり』どうしてもホームページ自体の仕様も絡んでくる事でもあるのです。
もう少し具体的に説明しますと●●.comのホームページがあるとします。そしてそのホームページ内にあるAと言うページに、新規セッションがアクセスをしてくれた場合において、滞在率を高めるとは、●●.com内のA以外のページに『ナビゲーション』する事で対策を実装します。
要は●●.comの中から離れる事を離脱と定義(直帰とも定義可能)する場合において、A→B→C等、ホームページ閲覧ユーザーが分かりやすいナビゲーションになっている事、そしてそれよりも重要な事は、ナビゲーションに従いたくなる(次にアクセスしたくなる)見せ方を模索する事です。
そのような事を考えますと、見せ方と言う観点からはやはり『仕様』と言うものが大きく関わってきます。例えばamazonで本を購入する場合、必ずその本に対してのレビュー等が分かるようになっていますし、この本を購入した方はこんな本も読んでいる的なナビゲーションシステムも存在していますよね?
あれこそが仕様の成せる技です。しかし上記までの高性能の機能を追及すると、CGIを拡張させて(オリジナルカスタマイズ)、条件指定をして動かす原理ですので、内部に複雑なシステムを組む必要があります。
よってコストも高くなります。しかし、CGIを拡張して利用しなくてもプラグインで実装出来ることは非常に多いわけです。私が通常のホームページ制作を請け負う際の内部システムの実装はほぼプラグインの拡張(カスタマイズ)で対応しております。
簡単なサンプル例としてはディレクトリー階層とカテゴリー分類で条件指定をさせたこの記事の下にある。【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいる】と言う箇所です。結果的にユーザーがホームページ内でどのような行動を行うかを検証し、(アクセス解析等)離脱の高いページに手を加えて行く作業・内部的なシテステムやナビゲーションの最適化等を常に考える事もサイト運営者には必須のスキルであります。
最後となりますが、上記までの事を踏まえた上で技術的な部分ではなく直ぐに実施可能なアクションとして、システム等に依存しないでもコンバーションを上げる為の施策が存在しますので簡単に解説させて頂きます。
それは『勝負ページ』を作る事・強化する事です。『このページを見た事で問い合わせしてみた・購入してみた』と閲覧ユーザーに思わせる事が出来る為の1ページに特化させた強化と、そのページに通じるナビゲーションの最適化作業です。
このような事で対策しコンバーションを上げる事は十分に実装可能です。(パーツの強化※) 費用対効果を上げるホームページに育てて行く事とは、アクセスを集める事だけではないと言う事を覚えておいても良いでしょう。
■webサイトコンバージョン向上の為の内部・外部・運営施策への取り組み
大きく分類すると3つのポイントを抑える必要があります
①外部要因に対する施策
②内部要因に対する施策
③運営戦略の見直しや施策の検討
簡単に説明しますと、まず質の良いアクセスを増やす為には外部要因に対する施策の質が最も影響します。但し質の良いアクセスに対して御社サービス(商品)に関心を生み出す為には内部要因に対する施策も大きな影響を及ぼします
しかし、その質の高いアクセス者が最終的にコンバージョンを行う上で最も重視する部分は何でしょうか?を考えなければ良いアクセスは集める事は出来ても最終的なwebコンバージョンには繋がりにくい状態となります
それらに影響する部分は何かと言えば、最も影響する要素は、運営戦略の見直しや施策の検討となるでしょう。これは興味・関心があるユーザーに何かしらのアクションを導く為に必要です。またこの時点では企業の信用性等(認知度も含め)も問われる部分であると考えておくと良いでしょう
勿論、外部施策の質、内部施策の質もコンバージョンが取得できるか否かには影響する部分であると考えておかなければなりません。
関心・興味がある方に対して「その動機を満たすサービス(商品)を端的に分かりやすく見せる」内部施策もそうですし、関心・興味以上に今すぐに必要な方をサイトに運ぶという外部施策も重要と言えます。
この3つの施策やアクションが連動する事で自社サイトが週次や月次でどれくらいのコンバージョン数を期待でき、それらをどのくらい増やしていけるのか?と言う目標設定が実施できる状態になると考えておく事も大切です。
■現状把握をした上での目標設定の重要性
多くの方が目標は伝えれても現況を語れない場合が多いのも事実です。結果という産物を得る為にはそのプロセスを如何に考え実現するのかと言う部分にしか実際は関与できないのです。
勿論それらは他の経済活動と同様に全てが成功するものでもありません。多くの場合、失敗を繰り返し成功の確率を高める事を導き出すものですから、時間もお金もかかると言うケースの方が多いわけです。
また現状と目標のギャップ(差)が多ければ多い程、魔法使いが来て劇的に数値が改善されない限りは、時間もお金もかかります。「お金をかけない為にwebで」と言う願望を抱く運営者も少なくはありませんが、参入障壁が低いインターネットマーケティングにおいては、方法、手法も含め、お金をかけない代わりの存在なくしてはそう簡単に成し遂げる事が出来ない世界である事も覚えておいた方が良いと言えます。このような文書を掲載しますと、非常に難しく捉える方が多いのも事実ですが、そう難しい内容でも課題でもありません。
シンプルにお伝えすると理屈を理解し現況を理解し足りないものを如何に補うのか増やすのかを考えた上で予算組みやアクションを施せば(継続性が重要)誰でも一定の効果は得られると言う事を伝えたいのです。
逆にコンバージョンが上がらないとなげいている多くの方は、これらの流れがないから「自社サイトの明確な改善点が見えない」「アクションも見えない」「自社で何をすべきかが見えない」と言う状況になっているのではないかと感じるのです。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください