ホームページリニューアル |ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

ホームページリニューアル

ホームページをリニューアルさせる前に、アクセスを解析する理由
Google Analytics関係の質問を頂く事が増えています。中でもお客様の関心は、何の数値が変化するとサイトコンバージョンが上がるのかと言う部分が多いです。しかしこのような質問を頂いた際に驚く事として、「アクセス解析」を現状使っていないお客様やアクセス解析自体はされているがこれまでに一切アクセス解析を見た事がないと言うようなお客様が決して少なくない事です。
データを参照にしていないお客様の場合、自分のサイトを評価する材料が非常に「感覚的」なものに限定されますので感覚的な判断に依存しやすいのですが、感覚的な場合、アドバイスを頂く人によってまるで感想が異なる場合も多いです。(例えば、ラーメンの好き嫌いのようにAが良いと言う人もいればAが嫌だと言う人もいる)そうなってしまいますと、感覚的な判断はあまり意味を成さなくなり、物事を選択する際の中心軸が見えにくくなります。ですからこんな事にならないように、データを基に考えるお客様の行動結果(これを私はお客様の本音と呼んでます。)の動向に常に目を光らせておく必要があるわけです。
また、リニューアルにあたっては何かしらの不満や改善点が生じている為に実施するものですから、それらを解決させる為の糸口をリニューアル制作者とクライントの会話(ヒヤリングのみ)で決める事は私的にどうかと思っていますので、当社はこれまでにアクセス解析出来ていないお客様には、ホームページリニューアル前に必ず既存のサイトにGoogle Analytics等の設置を実施し、ある程度のデータが集まった所でseoに関してのアドバイスやページ強化に対するプランニングをご提案させて頂くようにしております。※これはseoサービスやブログアクセスアップコンサルティング等を希望されるお客様にも同等に対応しています。
●データ収集の為のアクセス解析はGoogle Analyticsを採用した方が良い
まずアクセス解析は、様々な情報を取得してくれるGoogle Analyticsを推奨します。ブログ等の場合、管理画面上に独自の解析が設置されている場合がございますが、ブログによっては実数値と大きく異なるカウンター(数)等になっているものも多く信憑性が低いデータ解析ソフトもございます。ご注意ください
●ご自身のアクセスはカウントしないように設定しましょう。
アクセス解析を実施する際の注意点は、ご自身のアクセスを絶対にカウントしないようにする事が重要です。1日1000人以上の方からアクセス(訪問)を取得するようなサイトの場合は別にして通常のサイトの場合は1日の訪問数(ページビューではありません)は500未満程かと思います。
基本的にご自身のサイト内を一番閲覧するのは本人の場合が多いですから、(会社の場合は社員)母数がそれ程多くない際に自分のアクセスをバンバン計測する事で本当の滞在率や滞在時間や人気ページやランディングページが見えづらくなる場合が往々にして存在しますので気をつけておきましょう。
ご自身のアクセスを除外する方法はコチラを参照
ホームページリニューアル後の変化|デザイン・アクセス状況・実際の来店数
当社のホームページ制作サービスは、今、お持ちのホームページをより効果的に集客・販促に繋げられるものに生まれ変わらせたい・今よりももっと情報発信力のあるメディアとして育成したいと言う運営者や事業主のお客様に対してお力添えが行えるサービスです。
何をどうすればどうなるのか?と言う事は一言ではお伝えしにくい部分ですので、これまでの情報記事を参照にして頂くとして、今回は結果的にどのような変化が行ったのかと言う部分にフォーカスした内容を掲載したいと思います。
まずその前に、ホームページをリニューアルさせる事で起こる変化の部分に関して言及しておきましょう。ホームページをリニューアルさせる事で目に見えて分かりやすい変化と言われますと、「デザイン」に対する変化となります。デザインの変化は運営者本人は勿論、お客様やその他の方にも分かりやすい変化となります。但し見る方によって評価は千差万別なものになりやすい部分ですので、デザインリニューアルを中心に考えるのではなく、最終的な目標(お店であれば来店促進や販売促進)へ繋げる為の「分かりやすさ」と言う部分を外さないように(中心)考える事が最も得策です。
次にホームページリニューアル後の変化として「アクセス状況」の変化と言う部分が挙げられます。結果的に最終目標の実現の為にはアクセス状況の変化を起こす必要があると言う事を考慮しますと、方法論(コンバージョンへのアプローチ論)としては技術的な介入度が高いポイントになってきます。
尚、当社クライント様のサイトのリニューアル後のアクセスデータのBefore→Afterでも記している通り、ホームページをリニューアルする事で、1日のセッション数(24日以内にアクセスした人数)サイト内滞在ページ数・時間・検索エンジン経由からのセッション数が3倍以上向上し、サイト直帰率を今までより20%以上改善したと言う好変化も実現しております。※下記表参照
最後の変化に関しての言及ですが、実質的にホームページリニューアルを検討されるお客様の99%が最後の変化の為にデザインの変化・アクセスデータの変化を起こしていると言っても過言ではありません。結果的に新規集客や販路拡大に繋がる事・既存のお客様からこれまでよりも利用してもらえるサイトに出来る事がリニューアルにコストをかけて実施する意義であり費用対効果と言う考え方に繋がるのです。
当社では、ホームページがこれまでよりも費用対効果を上げる存在に変貌できる為のデザイン変化・アクセスデータ変化をオペレーションの中心軸として構成しております。単に魅せ方を変えるのではなくホームページが生み出す費用対効果を変える為に必要に応じて、人的な介入度を高め、且つ制作後の運用に自信がないクライアント様には当社が全面的サポートさせて頂く形で運用する事も請け負っております。※下記ホームページリニューアル後のお客様から頂いた声もご参照ください
ホームページリニューアルによるデータ変化① リニューアル前 リニューアル後
セッション数(アクセス人数※24時間以内) 464 1580
ページビュー数(セッション数に対してのPV※ページビュー) 1042 4938
訪問別ページビュー※平均(セッション数に対しての平均PV率) 2.25 3.13
サイト直帰率(サイトから直ぐに離れた方の率) 61.64% 49.11%
平均サイト滞在時間※秒(サイト内の滞在時間) 101秒 167秒
新規訪問セッション数(サイトへに初訪問した方の人数) 326 831
ホームページリニューアルによるデータ変化② リニューアル前 リニューアル後
トラフィックサマリー 464 1580
・ノーリファラー(ダイレクト・お気に入りからのセッション) 44 186
・参照元サイト(URLを通じて所定ページ経由のセッション) 58 267
・検索エンジン(検索エンジン経由のセッション) 362 1126
※効果測定した期間は共にリニューアル前後の1ヶ月間(30日)が対象となっています。
実際の集客・販促の変化に対してのお客様の声
グッドジョブ樋口様
これまでのホームページ制作会社との契約切れに伴い、新しい制作会社を探していた際に地元の企業で他の制作会社とは活用シーンやデータとしての情報等の開示範囲が広かったKCEさんに依頼しました。
当初に描いていたよりもアクセス数は勿論の事、実際のお問い合わせ件数や来店数・オーダー数も想像以上に上がりました。理由は上記データ等を参照頂ければと思いますが一番はこれまでよりも、当社のサービスや商品が役立つお客様にホームページの認知を頂く機会が飛躍的に向上している結果だと私しも考えています
且つサイトの中身の魅せ方や新着情報の配信に関してのお客様からの評判も上々で、他の店舗のホームページよりもサービス(商品)内容を詳しく写真・解説付きで紹介している部分は勿論ですが、誰の何の役に立てるのかを明確に表したサイトの全体の構造がお客様がサービスを選択する上での分かりやすさに繋がっていると言う嬉しい声も頂いております。
また、当店は決して「価格だけで」集客したいと考えているわけではありませんので、そこで働いている私達の「思い」もホームページ内の至る部分にイラストワーク等を駆使してデザイン頂いている事で、文書ばかりを並べないよう(読みやすさを考慮)に気を使いながらも店舗からお客様へのメッセージは軽視しない構成を実現出来ている部分もお客様が安心してご来場頂いている部分なのかなと思っています。
[コンバージョン(反響)率向上の為に必要な内部要因]
コンバージョン(反響)率向上の為に必要な内部要因についてまとめますと、まずは事業コンバージョンさせたい商品やサービスが閲覧者にとって如何なる価値を提供できるのかと言う考えの基にしたページを作成する事、作成する際は閲覧者にとって比較対象を明確に表記する事、最後に自社の信用性の打ち出し方法をしっかりと考え、継続的運用において作為的な信用性の構築ではなく、自然な形で信用性の向上アクションに取り組み、社名や店名での検索機会等を増やす事も重要なポイントと言えるでしょう
私がwebサイトリニューアルのご相談を頂いた際に、上記のような事を必ずお客様に文書化をお願いする大きな理由が、内部要因の重要性(選ばれる為の)を他社任せにせずに運営者様自らが今後も継続的に模索して行かなければ効果は頭打ちになる事を誰よりも理解しているからであります。
ホームページリニューアルを検討する前に運営者が把握しておきたい事
当社は基本的にリニューアルに伴うご相談が多い会社ですが、全ての運営者(相談者)にリニューアルを御提案する訳ではありません。
あくまでもそのお客様の状況等を考慮させて頂き、本質的にリニューアルが必要であればそれを御提案致しますが、本質的な改善点が別の所にある場合はリニューアルよりも先に現況サイトに必要な事項を必ずディスカッションさせて頂くようにしております。
本日は、過去に当社がお問い合わせ・相談を頂いた案件への回答を基に、webコンバージョンを向上させる為のロジック(論理)と確率論に関しての見解を是非、御参照ください。
多くの運営者(相談者)は結果がでない=単純にサイトのせいだと大きい勘違いをされている事も多く、ネガティブな要素しか見つけられないと言う状況になっている場合もございますが、実際にはサイト云々よりもそのサイトに如何なる方を如何なる手法で運んでくるのか?と言う部分に対して無策であったと言うケースも少なくありません。
アクセスを運んでくる事に無策のままサイトをリニューアルしても運営者が得られる結果はリニューアル前と差ほど変わらない事は往々に存在します。そのようにならない為にもしっかりとした事前認識を運営者は持っておく必要があります
サイトリニューアルを今年3月に外注実施したが問い合わせ数の向上
と言う効果が9月に入っても上がらないのでどうしたら良いかと言う相談ケース
昨日はお問い合わせを頂きまして誠にありがとうございます。KCEマーケティングの勅使川原です。先日ご依頼を頂いておりましたアクセス解析から見る御社サイトの現況ならびに改善アクションに関しまして簡単ではございますがまずはメールにてご案内させて頂きたいと思います。情報等をお役立て頂けますと幸いです。
※データは8月1日ー31日の1ヶ月間(31日間)のアクセスデータを対象に分析
●アクセス(訪問)数・質に対しての考察
現況、1日に訪問される方は8.8人です。内、御社サービスに関心が存在すると思われる(当社ではこの区分ユーザーを有効訪問セッションと呼びます)方は、2.1人程ではないかと思います
通常、全体の訪問数の30%-35%が有効訪問数となり、実質的にコンバージョン(反響)に繋がる方が有効訪問セッション者に対して、0.3%-5%程ですから(比率に関しましては集客等を目的とする他社サイトのおおよその概算値。施策を行なっていないサイトの場合は 大抵1%を下回っている事が多い)
実質的には、現況におきましては、3ヶ月に1件の問い合わせが来れば平均的なサイトであると言う判断となるサイト状況と言えます。3ヶ月に1件もない場合は更にコンバージョン率は低いと言う事になりますので、閲覧者動機を満たしていないサイトになっている部分の改善への着手(サイトリニューアル)も必要かと感じます
●以後のアクション(外注ならび自社アクションの検討)
基本的に御社様が最も手を入れるべき施策は、アクセス施策です。但し闇雲にアクセス施策を実施して訪問数を増やす事に着手するのではなく、その場合は御社サービスに対する関心度と言う質も考慮しなければならないでしょう。
但し現況サイト訪問者の傾向として検索エンジン経由から訪問される方の約半分が有効訪問セッションとなっている事を考えますと、有効訪問数を増やす為にあれこれと難しくに考えずに、まずは訪問数を増やすアクションを実施する事が、御社のコンバージョンに繋がる可能性の最も高いアクションとなると言えそうです
●サイトを経由する事での関心度を高める為のサイト内部(魅せ方)の検討
御社サイトに訪問され、長い時間、御社サイトに滞在される方の特徴としまして現況では主に ●●●(相談者様のサービス)に関しての情報を取得したいと言うザックリした動機しか見えてきません。そしてこれではなかなかコンバージョンに繋がりづらい状況であるとも言えます
何故ならば調べたい方は●●●(相談者様のサービス)の「※※」を知りたいからなのです。要はこの※※に入る部分へのナビゲーションならび魅せ方等、閲覧者動機に対する回答を分かりやすくしたサイト構成が必要であると言うのが率直な感想です。
例えば・・・・
ある方は●●(相談者様のサービス)の実績を知りたいと考えているかも知れません
ある方は●●(相談者様のサービス)のシステムを知りたいと考えているかも知れません
ある方は●●(相談者様のサービス)の料金を知りたいを考えているかも知れません
このように閲覧者の動機と、サイト運営者のターゲティングの相違やサイト魅せ方等が閲覧者よりも発信者よりになっている場合、思った以上に問い合わせに繋がらないと言う場合が多いも確かです。
●改善点を踏まえた上での簡易的な御提案
・数値改善
1ヶ月に1件の反響を獲得する事を当初(1年間)の目的とされる場合、月次に必要と思われる有効訪問者数は、約200人 訪問者数は、約700人程が目安となります。簡単に説明しますと今よりも3倍以上の増加が必要となります。
現況の契約社へのサポート状況等は理解しておりませんが、1ヶ月に1本のコンバージョンを目指す場合、今よりも3倍の費用を使うか、今と同一の金額で3倍頑張ってもらうと言うのがこれらを実現する為に必要となる料金的な基準になってくると思われます。(この説明は当社の料金基準ではありません。あくまでも現サイトサポートアクションに対する見解です)
・アクセス施策
SEO対策 SEM対策がその選択肢として考えられます。 但し3倍の上昇を目指すわけですから、それには費用は発生すると思われます。
例えばSEMの場合 「●●●●●」と言うキーワードでの単価は(概算)1クリック:437円となっています。今よりも3倍の訪問数を目指す場合、約500以上の訪問を取得しなければ行けないと考えますと、500人X437円=218500円が必要となります。 
SEO対策の場合(検索1ページ目を目指す場合)は上記金額よりも約3分の1か4分の1程にはなると思います。(会社によって単価算出の基準は異なる)※但しSEO対策の場合はキーワード順位向上の為に若干の時間がかかる事や検索順位が上がったと言っても必ずサイトに訪問を受けるわけではないと言う事は考慮しなければなりません
・サイト改善
基本的には、閲覧者動機、アクセス施策を踏まえた上でのリニューアル等が適した選択ではあると思いますが、御社様の場合はどちらかと言うとTOPページのみをランディングページ的にリニューアルする事(現状のランディングがTOPページに集約されている為)でのリニューアル等を検討されると良いかと感じます
但し制作段階では必ず閲覧者ニーズ、御社ターゲティング等を外さないように熟考する事がデザイン云々よりも重要となってきます。如何に他社(他社)との差別化要因を作り出すかと言う部分も合わせて考える必要がありそうです。
問題点だらけのwebサイト?ホームページ リニューアルするしかないの?
私がweb診断の相談を頂く際、通知して頂くお客様の多くは、自分のwebに大きな欠陥があると思っていらっしゃる場合が多いです。
その理由として、なかなか売上げに繋がらないからと言う理由の方もいれば、※※社さんに※※だと言われたのですが・・・と言うようなケースも決して少なくはありません。
実は、多くの方のwebサイトが問題点を指摘すれば、幾らでも指摘できる問題点だらけのwebサイトなんですね。そう言う観点で考えますと、私のwebサイトなんか問題点の宝庫かも知れません・・・
しかし実際にコンバージョンが上がるか?上がらないのか?と言う観点で考えた場合はその「問題点」と言う解釈自体が異なってきます。ですから私はこのwebで今は良いのです。(勿論、日々改善には取り組んでいます)
●問題点とは何に対しての問題点なのか?を考える事が実は重要です。
例えば、コンバージョンは勿論、訪問セッション数も1日20人位のサイトの場合、問題点はサイトデザインではなく、とにかく認知が弱いわけですから、webをリニューアルして改善する方法もありますが、即効性を追求した場合その選択が必ずしも正しいものとは言えないとなってきます。
逆に訪問セッション数も毎日そこそこあるのに、閲覧ユーザーをコンバージョン(反響)まで導けないと言う場合、入ってくるセッションの質の向上、セッションが最も到達するページの改良など問題点はwebリニューアルではなく比較的に別の所に存在します。
これらは勿論、私が自信を持って推奨するSEOにも言える事なのですが、SEO対策を行えばコンバージョンが上がるのではなく、自分のwebサイトに今最も必要なモノが認知力や入ってくるアクセスの質の向上の場合、1クリックで課金されるSEM対策よりも、安定的に検索エンジンからの入室が見込めるSEOの方が費用対効果が高いと言うだけなんです。
●各種アクセス状況も検証せずに実施する診断は無意味
私はSEOの相談を頂いた際、webサイトのコンバージョン数の向上の為の施策等の相談を頂いた際に、必ずお客様には現況のアクセス状況を教えて頂くようにしております。尚、アクセス解析も導入検証されていない方も多い事もあり、サイト制作やリニューアル要望を頂く際は、提案前に2週間程の期間を利用して解析等のサポート(無料)も実施しています。
そして、そのようなデータを私自身がある程度検証させて頂いた上で、お客様が取り組めるアクション事項を提案させて頂くようにしております。
その一つの選択が、サイト仕様をCMSにする事での一元管理によるドメイン評価向上とソーシャルメディア連動の自動化であり、トラフィックまたはコンバージョンする可能性の高いキーワードへのSEO対策となる場合が多いです。これは、これからwebマーケティングに本格的に取り組みたい、または今取り組んでいるが改善を図りたいと考える運営者様には是非とも事前認識として持って頂いた方が良いと思う事項です。
[ホームページリニューアルを決断する時に考えて置きたい事項]
ある程度の予算を投入してwebサイトを作ったし、制作者がSEO対策もバッチリと言ったから、HTMLやCSSやSEOにあまり詳しくないので完全にお任せしておりましたが、殆ど効果を感じる事がなく、確かに一定のキーワードでは検索上位にいるみたいなんですが・・・と言うような悩みをお持ちのお客様が非常に多いように感じます
そもそもSEOすれば必ず売れる保証なんていうものはどこにもないのですから、制作者の言葉を鵜呑みに考えてしまった事が失敗の要因であり、御自身でもwebマーケティングに関してもう少し知識を学ばなかった事こそ大きな問題と言えます。
自分でやれない(時間含め)だからプロに外注すると言う考えは間違いではありません。しかし自分以上に自分のwebのコンバージョンを意識して動いてもらうならばそれ相応の予算(ランニングコスト)がかかりますので、低予算(ランニングコスト)でサポートして頂く場合はその範囲を予め指定される事の方が多いはずなのです。
故に、運営者様自身がwebマーケティングを知る(知ろうとするアクションの)必要があります。書籍でも良いしインターネットでも構いませんので得た知識を御自身のwebで実験しつつ検証し、自社に何が足りないのかを考え、リニューアルする際はそれらを制作者ならびに施策者にお伝えし、その上で御自身で取り組む事が難しい(技術・時間)部分を効果的に外注する事が必要なのです。
Google SEO対策に関して言えば、現在は外部施策のみでは効果が出にくくなっております。内部対策と外部対策と持続的なサイト運営アクションを一本のフローとして確立させる必要がありますし、現在はそれらにfacebookやtwitterやブログ等のソーシャルメディアとの直結性・関係性も非常に重要な要素となっております。
故に当社でもwebコンバージョンの向上・改善の為には単一の施策のみをご提案するよりも効果が見込める可能性が上がる仕様変更を含むwebサイトリニューアルを御提案するケースも増えてきております。勿論、それらの選択はお客様の運営状況や運営体制によっても異なりますが、いつも提案の中心軸はお客様がwebサイトからコンバージョン(反響)数を向上させる事なのです
サイトリニューアルの相談が増えていますがリニューアル理由と対処
一度お金をかけて作ったサイトを再度作り直そうと思われる理由が多くのお客様で共通しております。今回はそのようなサイト運営者にならないでくださいねと言う警報の意味をこめた記事を配信させて頂きますので御確認ください。
主には下記のような動機が、サイトを作り直そうかなと思われるサイト運営者様の心境である場合が多いように感じます。下記の2つの「動機」はややポジティブな動機ですので、サイト運営者様やその会社の代表に先見性や今後のリスクの分散的な考えが備わっているという解釈が出来ます。
その他の動機の場合は、既存で大きな問題を抱えているから、改善したいと言う場合です。実質的にはこのような「動機」のお客様の方からの相談やお問い合わせの方が多いわけです
【サイトリニューアルに関してその動機で多い事】
●サイトはあるが、検索してもなかなか出てこない
●更新自体を自身で行う事が困難である為に更新されていない
●サポートをしてくれる会社の対応が悪い。
●WEBからの反響が非常に低くなった為に集客できるようにしたい
●新事業を立ち上げた為に、現状のサイトでは不十分である
●WEBサイトからの集客に今後取り組みたい。
ここで重要な事は、単に安い金額でサイトを作る事ではなく、作り直すにしても今後のベースとなる「基礎」となるサイトを作る事です。安い金額で作るサイトの場合は同一的な問題を繰り返す恐れがあります。安い=手間が少ない(工数が低い)実はWEBサイト関連会社では上記のような考えが常識的な考え方なのです。
ですからお客様がマニュアルを見ながらサイトを作る為のテンプレート配布の場合は、制作業者に見積もりを出すよりも格段に安く作れると言うロジックとなっております。商品を物流させているクライアント様の価格決定時を思い浮かべると分かり易いかも知れません。通常は、仕入れ額に「利益」を上乗せした価格設定を行うはずです。この上乗せした部分は何でしょうか?「手間や加工作業」ではありませんか?。このような原理でWEBサイト関連会社も価格を決めていると言う事なのです。
●作る事とそれを利用して事業目標を到達させる事とは異なるサポートが不可欠
リニュアールを行う上で私が最も重要に考える要素は、そのサイトを今後運営さる担当者様(私にとってのクライアント様)の「意識の改革、知識改革」も重要な要素です。その理由は、サイト運営者様自身がサイトを使うと言う事を強く意識しなければ、私がその部分までを仮に引き受けると言う事、それは即ち私の工数が上がると言う言葉で言い換える事が可能です。
そのような事を考えて行くと、当社も含めて各制作会社が提供するサポートとは実はたかが知れているはずなのです。仮に毎月1万しかもらっていないお客様のサイトを管理するとなると、更新処理を数回行うと言う程度になるでしょうし、逆に工数に見合う金額が抽出できればそれに見合う「成果」を外部に求める事も可能だと言う考えです。
根本的に作る事とそれを使って効果を出すという事は違うわけですから、使う事に手間をかけてもらいたいならばその手間に対して外注するか、御自身で行うかと言うアクションが必要になると言う事です。このように考えて見ますと、WEBを活用して集客や販促に繋げたいと考えた場合に、費用等を踏まえて多くのサイト運営者にとって現実的な選択肢は、サイト運営者自身の『意識と知識の改革』に繋がり、どのようなサイトにリニューアルをさせるかはこの部分を確認しなければ行っても無駄になると言う可能性が高い(同様の失敗を繰り返す)と言う訳です。
インターネット上には無数の情報が氾濫しています。正直な話しこの情報の存在は、便利である一方かなり危険なものも(取り扱いや解釈の難易度)多いです。『意識と知識改善を行えたサイト運営者』は上記の文章を見てピンと来ると思います。時間がかかっても手間がかかっても例え知識が追いつかなくても自分で失敗も含めて効果検証してみる事が最も「貴方にとっての答え」を探す方法です。
●本業もあるのに、webを更新するような暇がない。
そう言う方は何れかの形でお金を使う事です。(外部委託、人材雇用等)そうしなければ、如何に立派なサイトを作ろうが、サイトから収益性を高める事は非常に難しいと言う現実に直面します。
そう言う失敗をさせない為に、私は、メールやお電話でのお問い合わせのお客様に、直ぐには見積もりを作らないように(WEBサイト制作に関しては)しております。必ず1一度、じっくりお話しを聴かなければ、目に見えない本質的な大きな問題点は見えてこないと言うわけです。
当社では契約云々の前に必ず、私がお客様だったらこうすると言う提案書を作成してその内容を提案(デモ)させて頂くようにしております。提案仕様書を見て頂き私の本気と私の世界をお客様に感じて頂いた時にはじめてもう一つの世界が動き出すのです。
[SEO対策会社はSEOで集客出来ているかどうかが重要]
上記の大手SEO会社もそうですが、SEO対策をサービスに取り扱う会社は、そもそもメールや電話等で営業の類を行う時点で SEOだけではコンバージョンが上がらないと言う事を露呈していると言っても過言ではありません。
また検索順位のみをPRしているSEO対策にもやや疑問を感じます。SEO対策とは一定のキーワドで上位順位にランクした事を自慢する施策ではなく、自社に適したキーワードで検索エンジンを意識した最適化を行い、その結果としてコンバージョン(集客・販促)に繋げる機会を増やす事が目的であるからです。
SEOに興味を抱く方の中には、未だに検索上位に入ればそれだけでコンバージョンが上がるはずと思い込んでいる方も少なくないでしょうが、これらの考えのままSEOを外注する事は非常に危険です。SEOで失敗する方の多くが無知のあまり、このような希望的観測でSEO対策を依頼するケースなのです。
思ったようなコンバージョンが上がらない時に如何なるアクションを実施してくれるのか?等を確認する事がSEO会社選定時には非常に重要なポイントです。[参照:SEO対策をコンバージョンに繋げる事の出来る運営者と出来ない運営者の違い
ホームページ集客における運営者認識と閲覧者の行動の相違
当社は現在、ほぼリニューアル作成以外の案件を受注しないようにしておりますがそれには幾つか理由がありまして、その理由の一つが上記記事タイトルでお伝えする内容と若干、重複する部分がありますのでその辺りを踏まえて本記事を読み進めて行って頂けますと幸いです。
まず会社(フリーランス・自営業主様の場合も含む)は何故 ホームページを作成するのでしょうか?もしくは作成しているのでしょうか? 「インターネットから新規集客したい。紙広告の効果が薄れた。他の広告手法よりも情報面、予算面からも活用価値があるから・・・・ 」このような様々な思惑を多くの運営者が抱いている場合が圧倒的多いです。
しかしこのように考える方には、本質的な思考と言う意味では、実際に2パターンいらっしゃいまして上記のような目標を掲げた上でのアクション詳細を明確にイメージされる方(どちらかと言うと企業等で専門担当をしている方やリニューアル時に運用に関しての施策に対する質問や要望を伝えられる方はこの部類)とサイトを作れば上記は勝手に実現されるものと思い込んでいる方(個人やフリーランスの方が特に多く、且つリニューアル時にデザイン的な要望以外の回答がない方もこの分類)とがいらっしゃいます。
当社がお手伝いさせて頂くのは、前者の方のみです。理由は非常に明確ですが わざわざ失敗する可能性の高い思考をお持ちの(クライアント様が思う以上のコンバージョンが上がらない)運営者様の依頼に関しては当社のみで成功させる事への限界を感じるからです
上記のように表現しますとやや難しい部分もございますが、皆様もきっとこれまでに一度くらいは他のホームページから認知し来店したりモノを購入したりしたり、お問い合わせしたりした事はあるでしょうから、その時の自分の行動を思い出しながら下記の文書をチェックして行ってもらえればと思います。
●自分が何故コンバージョンしたのか?を思い出してみてください
・特定のキーワードで検索上位にあったのでサイトを閲覧してコンバージョンした
・広告やCMからサイトを知りサイトを閲覧してコンバージョンをした
・他の方のブログからサイトを知り、サイトを閲覧してコンバージョンした。など・・・・
まず思い浮かぶ事項としては、経路に関してと言う部分が存在すると思われます。検索エンジンからサイト認知する人の多くは何かしらのサービスに既に関心があったので検索を行なったと考えると何れかのコンバージョンに繋がりやすいのは明確ですし、広告や他のサイト等で認知してわざわざサイトに訪問した時点で既に興味があるから行なった行動だった事を考えるとこちらも必然です。
しかし重要な事を忘れてはいけません。それは何か?実はこの「何」に値する事項は代表的には3つの事項が存在し、結果的にこの3つを満たすサイトこそが事業コンバージョンを上げる事の出来る内部要因に対するアクションを実施しているサイトであると考えて置く必要がございます。
そもそも閲覧されたサイトに訪問した貴方の興味・関心・動機を満たすコンテンツ(サービス・商品)がなければ意味がないと言えます。これが1つ目の重要な事項です。しかしこれだけでは不十分です。何故ならば閲覧する側は、自身の「興味・関心・動機」を満たすサイトを自由に選ぶ権利があるからです。
貴方が検索したキーワードで探した同一サービスを取り扱う会社が、検索1位・2位に表記されている場合、貴方は検索1位と言う理由のみでコンバージョンしますか?(具体的には検索順位が高いだけでそこのサイトの商品を購入しますか?)  きっと「いやっサイト内のサービスや料金を見比べて決めます」と言う回答がかえってくるのではないでしょうか
これがお客様が「興味・関心・動機」を満たすサイトを自由に選ぶ権利と言うものです。私が常に検索1位を必ずしも目指す必要はないと言う理由はこういう部分にありまして、別に2位でも3位でも(最低でも10位以内にはランクしたい所ですが)サイト訪問を頂ければ、他のサイトよりも選ぶ側が選びたくなるような内部要因に対するアクションを施す事でコンバージョンが上がる確率は高くなるからなのです。そしてこれらは特に検索エンジンからの訪問者には顕著にその効果が現れやすいもの(他のサイトと比較訪問される機会が増える為)なのです。
逆に広告や他の媒体や他社からの紹介からサイトに訪問する方に関しては訪問時点でコンバージョンする為の関心・興味・動機は一定レベル満たされている場合が多いのですから(ex:会社名検索、直URL打ち込み等) 上記で記した内部要因に対するアクションを実施しておけばかなり高い確率でコンバージョンされる機会は増えると言えるのです。
そして最後に重要となる事項は閲覧ユーザーから信用・信頼を受ける事・作る事に他なりません。しかし正直なお話をするとこれらを作る事は、特に会社規模が小さい方程、容易な事ではないのです。ですからそのような方程、如何なる情報を発信すれば閲覧者はわかり易いのか?他社に比べて当社はどうなのか?等、見る側に配慮した内部構成も外してはならない一つの要因と言えます。
また、webでの信用性向上の為に、クチコミをしてもらうと言う方法を実施される方もいらっしゃいますが、現在におきましては必ずしも 信用=クチコミ数と言う考え方は正解とは言えない時代です。その理由は、web上でのクチコミとは自演も可能ですし逆にお金を払ってそれらを構築する事も可能であるからです。今でもこれらの方法を利用される方もいらっしゃるとは思いますが、集客さえできればインターネット上は何をやってもそれは戦略だと言うような考えにはならない方が、利口な運営者と言えるでしょう。
尚、会社や店舗の市場における信用性が向上すればする程、先の広告やその他サイトからの訪問と同一に、社名・店名での検索機会も増えますし、逆に社名・店名+評判やクチコミ等のキーワード検索も増えます。ある意味これらのキーワードで検索される回数が多ければ多いほど、実質的なコンバージョン数には影響する事ですから、作為的な信用ではなく自然な形で信用性を向上させて行く事は非常に重要な内部要因における運営者アクションと言えます。
[コンバージョン(反響)率向上の為に必要な内部要因]
コンバージョン(反響)率向上の為に必要な内部要因についてまとめますと、まずは事業コンバージョンさせたい商品やサービスが閲覧者にとって如何なる価値を提供できるのかと言う考えの基にしたページを作成する事、作成する際は閲覧者にとって比較対象を明確に表記する事、最後に自社の信用性の打ち出し方法をしっかりと考え、継続的運用において作為的な信用性の構築ではなく、自然な形で信用性の向上アクションに取り組み、社名や店名での検索機会等を増やす事も重要なポイントと言えるでしょう
私がwebサイトリニューアルのご相談を頂いた際に、上記のような事を必ずお客様に文書化をお願いする大きな理由が、内部要因の重要性(選ばれる為の)を他社任せにせずに運営者様自らが今後も継続的に模索して行かなければ効果は頭打ちになる事を誰よりも理解しているからであります。
web上での最低限度のマナー。他社商品・サービスを名指して批評しない事
お問い合わせのお客様からよく聞かれる事の中に、CMSを使ってホームページを制作するメリットに関しての部分をよくご質問を頂きます。基本的には自社のホームページ上でもメリットに関しては明記しておりますが、「CMS」と言う言葉を始めて聞くお客様には少し難しく写るようです。
正直、私的にはメリットがあり過ぎる為に、それらを文書ではなかなか上手くお伝え出来ていない部分が多いのですが、丁度、今週にリニューアルアップさせるサイトがある事もありましたので、before・afterの魅せ方ではなく、befor→変化の過程をレポート形式でご報告出来ればと思っています。1週間・1週間で数値は追っていきます。簡単な解説も付けてみますので、是非参照にされてください。
■リニューアル前の1ヶ月間の各種データ
※データはGoogle Analyticsで計測しております。
※お客様自身のアクセスや当社アクセスは除外しています
ana002.jpg ana001.jpg ana003.jpg
YahooとGoogleの検索エンジンからのアクセスが圧倒的に多いようです。 1ヶ月のトラフィック数は、1183と言う事は、1日あたりのトラフィックセッション数は 約40と言う事が推測できます。1日の訪問数が50未満と言う数字は、seoやsem対策を独自に施していないサイトであれば特に驚く数値ではありません。(使用するアクセス解析システムによって数値は全く異なります)当社に相談頂く案件のお客様の場合、リニューアル前の状態として1日のセッション数が30前後と言う状態は珍しくはありません。
■新規セッション・直帰率に関して
総セッションに対して、約52%の方が新規ですので、約591人がこの1ヶ月期間中にこのサイトに始めてアクセスした計算となります。 但し直帰率(直帰率とは、ウェブサイトにアクセスした人が、入口となる最初の1ページだけを見て サイトから離脱してしまう割合)も51%ありますので実質的に1ヶ月間で新規のアクセスを頂いたセッション数は、289人と言う計算になります。
この289人に対して、実質的な反響数(ここでは問い合わせレベルでしょう)の人数を比較することで新規集客の目安と言うものを考える事が出来ます。尚、反響率は通常のサイトの場合1%以下と言われてます。よって反響数を上げたい場合は母数の数値を上げる施策と確率を上げる(反響率の向上を図る)2つの施策が必要になる事が伺えます
■直帰率とページビューとンディングページの最適化
直帰率は低ければ低いほど良い数値ですが、私的には、まず50%を下回る事を当初の目標とする事が現実的と思います。尚、直帰率を下げる為には「直帰率を下げよう」と言うように漠然とした答えを考えるよりも、要点を絞って考える事が得策です。
■こんな考え方が出来ます
そのページにアクセスしてきてくれたセッションが、どこから(直前のURLや検索クエリに入ったキーワード)来たものなのかと言う部分を調べ、アクセスした方が何を欲しているのか?と言う部分を仮定しバナーやテキストを分かりやすく配置する事で離脱を防ぐと言うアクションやページ内に貼っているナビゲーションリンクの場所やリンクテキスト等を見直す事でランディングページには興味を示さないアクセス者を他のページに誘導する事で実質的に直帰率を低くすると言うようなアクション
■リニューアル後検証のポイント
リニューアルアップ、1ヶ月後にはトラフィックセッション数の上昇は確実に見込めると思います。その際にサイト直帰率がどの位の変動幅となるかがポイントと思います。母数が上がれば自然と率も悪くなる場合もありますが(多くの方の目に付く為に)実質的には、母数に対しての直帰しなかった率との積の合計が現状よりも向上すれば、コンバージョン数(お問い合わせ等)は増えるものですからこの辺りに焦点を当てながら進捗を見守りたいと考えております。是非、1ヶ月後のレポートもお楽しみにされていてください。
ホームページをリニューアルすれば売り上げ(販売数)は上がるのですか?
相談を頂く際にこのような内容をよく聞かれますが、その答えは当社のみが導くものでもお金さえ払えば勝手に導かれるものでもありません。そしてそのような認識のまま外注をした多くの運営者は何度も同様のコストを発生させている事も私は目の当たりにしてきたのです。
コンバージョンが低いサイトの共通点はデザインでもSEO対策でも更新頻度でもありません。多くの理由の本質は取扱う商品・サービスにあると言った方が正しいでしょう。但しこれは決して商品・サービスが良くないと言う事ではないのです・・・・・
■コンバージョンが上がらない要因とは・・・・
Webコンバージョンを向上させる為に重要な3つの検討事項(リニューアル戦略)
商品(サービス)に関心を持つユーザーからの訪問機会の向上(アクセス施策)
訪問者へコンバージョンの動機の提供のサイトコンテツ改良(内部施策・LPO対策)
商品・サービス自体の見直しと、運営者サイドでの運営施策の明確化(経営戦略)
    「いったい 自社の商品・サービスの何が良くないのか・・・・?」
御社の商品・サービスの価値を閲覧者に感じてもらっていない。
御社の商品・サービスの価値を閲覧者に感じさせていない。
御社の商品・サービスを必要とする方に閲覧させる事が出来ていない。
    このような事項が大きな問題になっている事が殆どなのです。
コンバージョンの向上や改善を目指さないホームページリニューアルならば問題はありませんが、コンバージョン(反響)数の改善・向上を目指す為のリニューアルの検討を行っていらっしゃる場合ならば、上記のような事を最重要課題として取り組む必要があるといえます。
■webからのコンバージョン(反響)数向上の為には何を考えておけば良いのでしょうか
当社では、お客様がご要望されるデザインやサイト仕様の変更は非常に重要と考えますが、それ以上に向上・改善させたいコンバージョン(反響)数に対しての目標値を中心に考えた制作プランや運用プランを含んだリニューアルの御提案を最重視しております。
●現況の把握

●改善点の模索と実施アクションの検討(提案)

●改善点への取組み(アクション)※自社・外注者のそれぞれが実施

●感覚的・数値的な検証

●修正点、強化ポイントの検証と再アクション

●意図する数値の改善、(コンバージョン確率の向上)

●目標達成

●新たな目標の設定
当社では上記フローを重視します。故に他社とは異なり、デザインやサイト構成を中心に提案・見積りを行なうのではなく、お客様がリニューアルによって得たい効果コンバージョン(反響)数の実現の為のプランを企画(制作・運用面それぞれで)させて頂いております
他社とはリニューアルにおけるオペレーション(戦略)に対する考え方が根本的に異なる
●現況把握の為の事前調査
当社では、まずはお客様からリニューアルで実現したい事を確認させて頂き、その上でデザインや構成に関してのお客様のイメージをヒヤリングさせて頂きます。 その上で、お客様の目指したい結果に対する現況サイトの強みや弱点を 感覚的・数値的に解析させて頂いております。
※感覚的な解析とは・・・・
サイト運営者であるお客様が抱いていらっしゃる 現況のサイトの良い部分、弱い部分や改善した方が良いと思われている部分、現在の運営情況や運営体制に関してなどをヒヤリングさせて頂きます
※数値的な解析とは・・・・
お客様サイトに既にアクセス解析が導入されていらっしゃる場合はそのデータ(データ種別は指定させて頂きます)を頂き、アクセス解析が未導入のお客様には、当社で導入サポートを実施させて頂き、その後2週間のデータ検証を実施させて頂きます。
尚、先のお客様から頂く感覚的な解析と数値的な解析データを踏まえた上で、現況サイトの本質的な改善点を探し、良い面は引継ぎ、改善の幅が広い部分を強化する事を中心にした上で、それにデザインや機能面でのご要望を踏まえた御提案をさせて頂いております。
■費用対効果を向上させる為のwebサイトに最も必要な事とは何か?を重視
本題を考えるにあたりましてのポイントは2つのアプローチ法を考えます
・自社の商品・サービスに関心のあるユーザーからサイトが閲覧される回数を増やす
⇒主に外部的要因に対するアクション※SEOやSEM等 アクセス施策
・サイトに訪問した方の商品・サービスに対する興味を高め、何れかのコンバージョン(反響)に導ける確率を高めるwebサイトの存在 ⇒主に内部的要因に対するアクション※サイト構成やLPO対策等 web企画
そして、最も重要になってくるのはこれら2つの条件を満たす為の web制作であり運営を行う事なのです。制作と運営に関しては分けて考える方の方が多いように感じますが、当社ではリニューアルにおけるお客様の願望(コンバージョンの向上・改善)の為には・・・・
●制作段階で運用の事を考慮しなければならない。
●運用プランを基にした制作プランを作らなければならない
また、外部要因実現の為にはオペレーション化された内部要因アクションが必要であり、内部要因の実現の為にはオペレーション化された外部要因アクションが必要であると言う事なのです。
費用対効果を向上させる為のホームページリニューアル戦略(SEO・LPO)②
本記事は、先の記事の続き費用対効果を向上させる為のホームページリニューアルとなります。 先の記事では総セッション数に対する有効セッション数の割合、有効セッションに対してのコンバージョン率の目安を通常サイト、通販サイトともに記載させて頂いたのですが、当社がリニューアルの目標設定時に重要と考える事は、リニューアルによって何をまず改善させ、その結果としてどのような成果を期待出来き、それらの実現の為にどの位のコストが必要なのか?と言う御提案です。
勿論、お客様の業種や業態やマーケットや現況サイトのポテンシャル(運用期間等も含む)が異なれば、目標到達の為の施策、優先順位もそれらへのアプローチ方法も、リニューアル後のサポートの範囲も異なりますので、当たり前の事ながらお客様のご要望と各種データを基にしたお客様単一の提案書にならなければ意味がないと考えております。
そしてその中で当社が絶対に外せない事項は、現況サイトデータに対しての理想値との開きが大きいお客様には、現実的な提案しか行わない事です。よくweb上には※※すれば売り上げ5倍とか10倍とか言うようなキャッチコピーが蔓延ってますが、当社では根拠なき目標設定は行いません。webコンバージョンを向上させる為には、先にも記載しましたが、「数」と「率」の改善に着手する事が絶対条件です。
「数」に関しましては外部者や広告料金を払えば一定の施策効果は得られる事の方が多いですが、これが「率」の話になりますと、外部者によるLPO対策やデザインブランディング要素はもとより、取り扱っている商品(サービス)の市場価値や他社との差別化(料金・内容)の要素こそ深く関係する事項です。
よってコンバージョンを向上させる為のリニューアルには、目標達成の為の計画をお客様とともに進めていかなければ、成果には繋がりにくく、非現実的な目標のみが1人歩きする事も少なくはないのです。
Ⅳ:コンバージョンを上げる為に行うアクション「数」
⇒ここで言う所の数とは、単なるアクセス数を上げる事を示しているのではありません。あくまでも前項からお伝えしております、商品(サービス)に対する関心が存在すると思われる有効な訪問セッション数のみを必要数を目標に増やすと言う事を示します。
例文を交えて解説します。仮にリニューアル前の状況として下記のようなデータのサイトが存在していたとします。
■ 1週間の総訪問セッションが1000人
■ 有効訪問セッション数が300人(有効セッション率:30%)
■ 有効訪問セッション数に対するコンバージョン数が6(コンバージョン率:2%)
総セッション、有効セッションともに高い基準のサイトではありませんが、有効セッションに対するコンバージョン率には非常に魅力があります。故に本サイトの商品(サービス)に興味を抱くセッションを増やす事が出来れば、自ずとコンバージョン率・数の改善に着手できる可能性が高いサイトと言えます。
私ならば、SEO対策を意識したリニューアルを推奨させて頂きつつ有効訪問セッション数の向上を最優先としたリニューアル提案を行うはずです。この場合ならば総訪問セッションに対する有効率10%の向上を半期での目標と掲げる事が現実的かと感じます
何が弱くて何が強いのかをしっかりと押さえ必要な施策を施す事で,今よりも少しの数値向上を図る事が出来れば週次のコンバージョン数6⇒8(※有効セッション:300⇒400 ※コンバージョン率の変動がない場合でも)に導いてくれる確率は高いでしょう。
Ⅳ:コンバージョンを上げる為に行うアクション「率」
「率」に着手する際のアプローチ方法(考え方)としましては、大きく分けると2点です。そしてこの2つはどちらかのみでは不十分です。2つともにカバーしなければなりません。
①今よりも関心が強いと思われるユーザーからの訪問数を増やす
②関心のあるユーザーをコンバージョンに繋げる為の各種施策を施す
①は上記の「数」で説明している内容ですが、有効訪問セッション数が増える事で、必然的に若干のコンバージョン率の向上はどのサイトにも当たり前に見られる事です。問題は寧ろ②に関してなのです。
②は運営者の意図とサイト閲覧者の動機を如何にコンバージョンと言う目標に落とし込むのかと言う複雑な問題、またライバル他社と如何なる部分で差別化を図りたいのか?と言う運営者側の意図と閲覧ユーザーの求める差別化のギャップ等、web上だけではいかんともしづらい事項が含まれますので、私のような外部者からすると、直接に改善を実施出来ない分、もどかしい場合も多いのです。
しかし最終コンバージョンを決めるユーザーの最後の決め手になる事項はここですから、これらに関しては無視する事が出来ない部分でありますし、運営者様にもここに対する取り組みを自社で協議して頂く必要もあります。
閲覧ユーザーは、購入する動機を与えてくれるサイトでコンバージョンを行い、購入動機が沸かないまたは分かりにくいサイトではコンバージョンは実施しないのです。これは自分がネットで商品を購入する際を思い浮かべて考えれば容易に想像がつく事項かとも思います。
Ⅶ:リニューアル・SEO施策にて「数」・「率」の改善に取り組む事で・・・・
上記のサンプルデータを基に目標数値を上げてみますと、有効訪問セッション数:300⇒400(総セッションに対する有効率が10%向上)。有効セッション数に対するコンバージョン率を2%⇒3%に向上。この2つのデータをリニューアルを行う事・リニューアル後の運営の目標とする数値とする事で・・・・
週次コンバージョン数を実質6⇒12に引き上げて行くのです。
結果を2倍にすると言うと、全体的な数値を2倍にしないといけないと考える運営者様も多いと思いますが、私はそのように実現する事が難しいオペレーションを目標とは掲げません。あくまでも有効率10%向上、コンバージョン率1%向上を最初の目標と設定しこれらの数値に対して、当社アクションとお客様アクション(主には商品・サービスに対する取り組み)を可能な限り明確化させる事に従事しております。
最後になりますが、上記理屈を基に大幅なリニューアルに着手し、SEO施策と運営者施策、またデータからユーザーの行動結果を踏まえた上で、少しでも有効セッションをコンバージョンに繋げる為の施策を施したオンラインショップの実績はこちらからも確認頂けます
①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください