webを事業に活用すると言う理屈を知る事から運営者アクションは始まる|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

webを事業に活用すると言う理屈を知る事から運営者アクションは始まる

webを事業に活用すると言う理屈を理解出来ていますか?
昨今、webを事業に活用しなければと思う経営者の方は非常に増えてます。特に小規模企業や店舗ビジネス経営者様からのお問い合わせは飛躍的に増えている気がします。
但しお話ししていていますと多くの方が、「インターネット上の情報を何の精査もなく都合良く吸収している」なと言う刷り込まれた解釈に関しては、毎度ながら危険に感じます。
具体的には、web=お金がかからない。web=裏技が存在する。ゆわえる苦労せずとも効果が見込め、且つ費用対効果も付いてくると言う 売り手の非現実的な過剰なキャッチコピーを信じてしまっている方をよくお見かけします。
確かにwebとは通常の広告よりもお金はかからない(印刷代がないから)とは思います。しかし逆にその条件は他の企業や店舗でも同等の為に、参入壁が低くその分競争力が問われます。競争の為にはPR等に予算が必要となる場合も多いですし、逆に商品(サービス)を他社よりも1円でも安くする営業努力も求められます。故にweb=お金がかからない。なんて言う間違った解釈を出来るのは、競争相手が存在しない市場で勝負をされる企業・店舗、または競争相手と全く異なる価値で競争する企業・店舗の場合を除いては実現するわけがないのです。
勿論、売り手のキャッチコピーの中には、わざわざここまでを表現する事はありません。ですから受信者は、web=単純にお金がかからないと言う非現実的な現象をあたかも真実のように捉えてしまうわけです。
次にweb=裏技が存在すると言う解釈についてですが、これに関しても上記と似たような現実との相違が存在しております。代表的なものがSEO対策やアクセスアップと言う言葉を売り手側が、買い手心理を揺さぶる為に巧みに利用するケースです。
SEOすれば特定のキーワード検索した際に上位にランクしますので、当たり前の事ですが、その特定のキーワードで検索した方がいた場合には検索エンジン経由でアクセスを受ける機会が増える可能性は上がるでしょう。
しかしそれらはあくまでも検索キーワードの質(ここではそのキーワードで検索する方の検索動機)に依存しますので、単純に自分が希望するキーワードで検索上位にランクしたとしても、直接的なアクセスアップやお問い合わせ・購買数等の向上には繋がらない事も少なくなかったりします。
また、逆に商品やサービスにおいては、seoを施した場合に仮に自社商品(サービス)が検索上位にランクされたとしても他の順位に位置するサイトがライバル社である事が多くどうしても「値段」や「サービス」等が比較されやすく様々な条件で他社よりも優れている場合は販売促進に繋がりやすいのですがそうではない場合、販売促進に繋がりにくいと言うデメリットも存在します。これらはSEO業者があまり語ろうとはしない盲点であり、認識の相違が生み出す症状となる場合も多いのです。
●webで集客・販促する為には競争力が必要。
→何を強化し競争力を打ち出すのかと言う方法論を考えなければならない
・価格で競争
・サービスクオリティー(品質)で競争
・付加価値で競争
・機能で競争
・技術(知識)で競争
・人柄(コミュニケーション)で競争
今なら、これで競争出来ると言う「競争力」を選択する事が重要。将来はこれで競争したいと言う計画を立てて実行に移して行く事も重要。最もよくない選択は競争から目を背け自社を中心にしか物事を捉えない事(顧客に選ばれる努力を怠るようにしか市場には写らないので)だと思います。
競争する内容が決まったらその部分に必要に応じて人員と予算を効果的に投資し、自社の競争力を市場に認知してもらう事・認知した方が何かしらの反応を起こしたくなる施策や魅せ方に対して継続的にアクションを起こし・検証し・再度アクションを模索する事が重要です。
自社ではここに競争力があると思う事もそれらを見せられる他者の判断は全く異なる解釈になる事もありますし、そもそも商品(サービス)に関心の高くない方からのアクセスの場合、幾ら分かりやすい魅せ方をしても効果は0に近いわけです。
私はSEO対策とはお客様の希望するキーワードで単純に上位ランクさせる事ではなく、商品やサービスに関心が高いと思われる濃いユーザーを1人でも多くインターネットから集客する事・集客したアクセス者に何かしらの反応(コンバージョン)を起こしてもらう為の道筋を作る為のお手伝いだと考えています。
[外部要因・内部要因への取り組みの為に]
外部要因への施策を外注する際、そのコストに対しての費用対効果を求めたいならば、求める対象は外注業者だけではなく自社アクションに対しても行なわなければならないと言う認識が必要です。
即ち外注時点で自社のアクションを明確にする事、分からない場合はそれらのアクション検討をサポートしてくれる外注者(パートナー)を選ぶと言う事前認識が非常に重要です。勿論、既存のサイトならびに商品・サービスに他社との競争力が既に存在しており、後は認知力の向上のみと言う会社の場合はこれらを特に意識する必要はないでしょう。
外注時に運営者が考えて置くべき重要な事項とは、如何に商品・サービスに対して関心が存在するユーザーを集められるのか?商品・サービスに他社に負けない競争力を準備する事・それらをサイト内で分かりやすい価値として表現できるか否かにあります。
当社では、お問い合わせや相談を頂いた際に、直接的に現況をヒヤリングさせて頂いたりアクセスデータを分析する事で既に商品・サービスに競争力が存在するお客様にはSEOのみを提案します。逆に本質的改善が必要なお客様にはその内容を提案するようにしております。【戦略的なwebリニューアル思考】 どちらにしても、webコンバージョンの改善・向上の為には予算云々は別に考えたとして何が必要なのか?何から取り組むべきかと言う施策の提案しかお客様の本当の目的に対しては意味を成さないのです

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください