webサイトコンバージョン(反響)数の向上の為の運営者の事前認識|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

webサイトコンバージョン(反響)数の向上の為の運営者の事前認識

webサイトコンバージョン(反響)数の向上の為の運営者の事前認識
webからコンバージョン(反響・集客・販促)を成功させたいと思う方は沢山います。しかしその具体策を示せる方は非常に少ないのが現状です。その理由は何かと言えばそもそもwebでコンバージョンを上げようとする前にwebマーケティングにおける事前認識に欠けている事が上げられます。
現状サイト状況の把握が出来ていない事が大きな要因ではありますが、何が足りずにコンバージョンに繋がっていないか?何を伸ばせば良いのか?それを伸ばす為の施策や予算に対する考え方、費用対効果に対する認識も不足していたりします
また、早期改善を意識する余りにそのプロセスへの理解度等が低い事やデメリットに対する予備認識がなされていない事、最終的に顧客(ここではサイト訪問者)はコンバージョン向上の為の施策を評価するのではなく、そこにあるサービス・商品を評価するという最も重要な事を蔑ろにしている運営者が少なくない事も大きな問題として上げられます。
本ページではwebコンバージョン(反響・集客・販促)向上、改善の為に運営者が必要な事前認識を中心に明記して参りたいと思います。インターネット(ホームページ)を介して事業コンバージョン向上に取り組まれたいという運営者様は是非御参照頂けますと幸いです。
●コンバージョンとは・・・
直訳しますと、「反響」となります。本項では基本的に来店型・販売型の2業種に対して下記のような定義で使っておりますので御参照ください。
・来店(集客)型の場合-問い合わせ・相談・予約等
・販売(通販)型の場合-新規会員登録・販売数・ダウンロード回数等
※コンバージョン定義に関しましてお客様毎によって異なりますが、基本的にはwebが影響する最大地点をコンバージョン定義で記す事が最も事業コンバージョンに直結する考えになると思われます。
■webマーケティングを取り巻く市場現況
webを使ったマーケティングに参入される方は年々増えています。理由としましては参入にあたって障壁が低い事が上げられます。この障壁には予算もそうですし会社規模も人員も販売する為の環境整備も当て嵌まります。Webサイトがなくてもブログやfacebook等を代用して集客・販促を実施できる事を考えますとありとあらゆる方が参入できる市場であると言えます。
■同一または似たサービス・商品を取り扱うライバル状況
但し参入壁が低いと言う事は言い換えますと、その市場で勝つと言う事はそう容易な事ではありません。ここでは勝つと言う表現を用いましたが実質的には閲覧ユーザーに選ばれる努力と捉えると適切かと思います
故に誰もが参入できるが、それでビジネスを成立させる事が出来るようになるまでにはやはり参入者様の積み上げてきた経験値や人脈、商品力、予算、webマーケティング力などありとあらゆるスキルが求められているのが実情であい、簡単に成功すると言うものではないと言う事は事前に認識しておいた方が得策でしょう。
■webコンバージョンが上がるサイト。そうでないサイトの違い
一言で言えば、運営者が自らが責任を持ちたえずアクションを実施できているか出来ていないかの違いがコンバージョンに色濃く反映されるものとお考えください。これは例え外注会社等を利用する場合も当て嵌まる事項であり、なかなか成功しない運営者には共通して、「外注すればそれだけで誰かが勝手に成功に導いてくれる」「認知さえされれば(露出回数)売れるはず」と考えられている方も少なくはありません。
あくまで外注は依頼されたアクション(施策)を行う事が仕事の主となり、例えば商品の価格をお客様の動向を見ながら変える事、キャンペーン等を勝手に実施する事までは出来ません。実質的に外注者の施策等を生かす為に運営者自らが常に考えアクションを模索するという事が重要となってきます。
先に記しましたが、必ずしも認知力(露出回数)が増えただけでは、販売数が増えると言う事には繋がらないケースも多いと言う事を念頭に入れておくと良いでしょう。
■訪問ユーザーに選ばれる為のアクションの重要性
webコンバージョン向上を目指す際、まずお客様と運営者様がwebを介してコンタクト機会を持つという工程が必要となります(認知)。勿論、万人に認知される必要はありませんのでこの場合は認知数と言うよりも興味・関心・購買意欲が存在する方からの質を伴った認知数と考えておくと適切でしょう。
そして、その上で内部施策(サイト滞在率を高める)であり、運営戦略(認知者のアクションを引き出す)を施した結果、コンバージョンが生まれるとお考えください。
上記はwebからコンバージョンを獲得する為の基本的な流れを示しておりますが、運営者としてはもう一項、訪問される方の心理的な行動法則を抑えておくと尚良いと思います。
・訪問者は常にサイトに訪問する際は「訪問動機」を持っていると言う事
・訪問動機を最も満たしてくれそうなサイト順に辿ると言う事
これらは自分自身が他社の商品やサービスを選ぶ時に検索する時の心理を思い浮かべてみると良いかと思いますが、実質的に自分が検索する際は上記のような考えまたは行動を取っているのではないではないでしょうか?
そしてこの部分こそ、内部施策で記します運営戦略的な部分と非常に通じる部分であり、最終的に訪問者がコンバージョンを行うか否かの大きな要素になると言う事を覚えておくと良いでしょう。
通常の対面販売の場合は、この部分に対するアクションが出来ている方が多いですが、webを介する事で施策優先に考える運営者様も少なくありません。商品・サービスに関心・興味のある方を集める事は重要ですが、それ以上にその方々を逃さない為(コンバージョンしてもらう為)に何をしたら良いか?この部分こそ運営者が継続的に思考し続けなければならない部分であると言う事を是非覚えておきましょう
●サイトの現況把握を行い自社の改善点を模索する事がまずは重要
改善点を模索する際、理想としましてはコンバージョンを行わなかった方から毎度、その理由は直接聞く事ですが、実際にはそうは行きません。ですから多くの運営者の方が自社判断やコンバージョンしたお客様からヒヤリングした内容のみで改善点を考える場合が多いと思われます。
しかしそれだけの場合、コンバージョンしなかった方(本来の改善点)の声を反映できているとは言いがたいわけで、本質的な改善点そのものを読み違うと言うも起こりうるのですですから、コンバージョンしなかった方の声を探る為にはどうすれば良いか?と言う事も合わせて考える必要があり、その方法の一つが訪問者の行動結果を元にした現況サイトのアクセスデータとなるわけです。
具体的にはこのようなデータ取得する事でコンバージョンしなかった方の行動結果を元にして改善点等を予測する事が可能と言えます
・如何なるキーワードから訪問して方は滞在率が長いか短いか?
・どのページの滞在率が長いか短いか
・どのページの直帰率が高いか短いか 
・全体訪問数の内、どのくらいの有効訪問者がいるか?
・有効訪問数に対するコンバージョン率はどの位であるのか? など・・・・
目に見えやすい部分のみならずに目に見えにくい部分もデータ化する事で、より訪問者の声というものは鮮明になってきますので、現状サイトを目標サイト(コンバージョン改善後)にする為には如何なる訪問者を増やす必要があるのか?また如何なるページを強化(改善)しなければならないのか?その為にはどうしたら最も効率的なのかを模索する事が可能なのかと言う方法論が見えてくるわけです。
その上で、自社の狙いを明確化したり、お客様の声を反映したサイト内部やデザイン等の改善に着手し、運営戦略等も更に最適化する事で、より広いターゲット層にアプローチを実施して行くと言う流れを構築する事が考え方の順番としては適切と言えます。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください