反響(コンバージョン)を中心として考えるwebマーケティングへの転換|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

反響(コンバージョン)を中心として考えるwebマーケティングへの転換

反響(コンバージョン)を中心として考えるwebマーケティングへの転換
これまでに私は様々なお客様とwebサイトを通して対峙してきましたが、どうもwebマーケットを特異な市場と捉えるクライアント様も多いような気がします。
基本的にはリアルな市場での集客・販売促進と原理原則は同一であると言うのが私的な考え方です違いがあるとするならば、自社サービスの認知に掛け費用(広告予算)や伝達する情報量やスピードと言えます。
多くの企業や事業主が、可能な限り広告宣伝費を抑え、尚且つ多くの方に認知してもらうためにwebを利用していると考えていらっしゃいますが、私達のような立場の人間から言いますと、上記のような理屈を実現させている企業や事業主はそれ程には多くないと言う事を理解しております
故に私は本プランにおいて、理屈と現実を繋ぐ為の道筋をご提案させて頂きたいと考えたわけです。これらの前置きをさせて頂いた上で、ブランディングを中心に考えるweb活用方法ではなく、web活用の本来の目的を中心と考えるweb活用の為に運営者が知っておきたい知識や現実的な見解を本ページでは記載したいと思っています。
■webコンバージョン(反響)を中心に考えていないweb制作
Webサイト構築を依頼する側、制作する側、当たり前の事ながらwebサイトを制作する理由や意義は何か?と考えた場合、出てくる事は1つ。「webで売り上げを伸ばす為」に他なりません。
ですから本来は、webコンバージョン中心に考えると言う事は当たり前なのですが、実際にお客様のサイトに目を通してみると優先度が異なる事をよく目撃する事からも、この部分には触れなければならないと思い、依頼する側・依頼を受ける側の解釈の分岐に関して具体的な例題を基に掲載したいと思います
①Web施策の優先順位が逆になってしまっていませんか?
依頼者がデザインに対してのご要望しか言えない場合、出来上がってくるwebはコンバージョンが中心ではなくデザインが中心なwebになりやすいと言えます。
ブランディングイメージを重要とするお客様の気持ちは分かりますが、まずはイメージブランディングよりもサービス(コンテンツ)の市場場認知を高める事が急務です。
ある程度の市場認知の上に他社との差別化要因としてデザインブランディングと言う手法は有効性が発揮されるものですから、デザインのみに細かい要望を抱いて発注したwebサイトがなかなか集客・販促を成功させにくい要因は、施策(投資コスト)決定の為の優先順位を理解できていない場合が殆どなのです。
②自社の現状のポテンシャルを細かく分析・評価を行えていますか? 多くのお客様が反響は多い方が良いに決まっていますが、本項で私がお伝えしたい内容は現在のwebサイトの状況、お客様事業全体の反響ポテンシャルをある程度数値化させ理解し、希望的観測では現実的な目標値・目標値到達の為のアクションを模索する必要性に関して言及しております。
コストや利益を中心に売り上げや集客ベースを計算する事業主様や運営者様は少なくありません。私自身は損益分岐を実質的に把握しておく為に必要な工程と思ってますが、ローマは一日にして成らずと言う言葉が表すように、毎日の積み重ねが結果を齎すものです。
故に例え目標は高く設定しても、進捗は現実的数値で検証する必要があります。Webマーケティングを成功させる為にはそのような目標数値と現状分析の判断が不可欠ですので、 現状把握の為にも、自社webサイトの基礎数値やポンシャルを把握して置く事が必要です
※当社ではホームページリニューアル案件に関しましては、本プラン契約後に旧サイト内にアクセス解析コードを設置し、リニューアルまでの期間、現状のwebサイトのポテンシャルやデータの取得に励まして頂く事でより具体的な改善点を見出しております。
③制作費と運営費への投資予算のバランスは適切であるかどうか?ホームページ制作費には予算を投じても、サポート予算は低く設定している事業主の方の方が世の中には(少なくとも私が最初にご相談を頂くお客様)には多いような気がします。
私どもは、大抵工数に対して費用を頂くものですから、上記のように制作費のみに予算を費やしサポート費用には予算を費やせないお客様の場合、制作以降のwebプロモーションは自社で行えなければせっかくの制作費を費用対効果の取得するものに変貌させる事は容易ではないと思われます。
私的にはwebコンバージョンを中心に考えているクライント様は制作費よりも運営費の方が大切と言う事を理解されており、制作費と同等またはそれ以上のサポート費用を予算範囲内として検討している場合の方が多いものです。
故にwebコンバージョンを獲得したいならば自社で如何なるwebプロモーションを実施できるのか?と言う部分と、他社に如何なるwebプロモーションを依頼するのかと言う経営的判断も不可欠と言っておきましょう。
■webコンバージョン(反響)を中心に考えるweb施策への切替え
コンバージョン(反響)が中心に考えたweb制作が理想ではありますが、既にコンバージョンを中心に考えていないweb制作を実施されているお客様も多いと思います。Webからの反響が思ったより伸びないと言うお客様の多くがこのような分野の悩みをお抱えになっていると思われます。
しかし実質的には、コンバージョン獲得を中心にweb制作が出来ていないならば、少なくともコンバージョン獲得を中心のweb運営に取り組む事で改善に着手する事が必要となってきます。
※自社サイトの改善策に取り組まれる運営者様にその方法(道筋)を下記に示しております。ご参照ください
●まず現状のアクセスを解析する必要があります。如何なる経路で自社サイトが認知され閲覧ユーザーがサイト内で如何なる行動を行っているのかを細分化して分析を実施

●何が足りないのか?足りないものを如何に補うのか?と言う問題提起・改善策を模索し、それらの改善策の実施に対して予算を投資する事が得策です。※但し何が足りないのか自社判断ではなくより正確に分析したい際はこの工程の前の段階をプロに委託する事も方法論としては正解でしょう

●足りないものを補う為に予算を使うのですが、技術も知識もない企業や事業主がこれらを方法論も持たずに削ろう削ろうとする事(但し自社で取り組む姿勢があれば良いと思います)は賢者の選択とはなりませんので気をつけましょう。
【足りないもの例】
・セッション数(アクセス人数)?
・全体のページビュー・滞在率・滞在時間
・新規の方の訪問数
・コンバージョンに繋げる為の勝負ページ(強化ページ)の存在
・勝負ページ(強化ページ)への最適なナビゲーション方法
闇雲にセッションやページビューが増えれば良いと言う事ではありませんが、コンバージョンを上げる為には入ってくるセッション(アクセス)を如何に離脱させずにコンバージョン獲得のページまで繋げるのかと言う事と、如何に入ってくるセッションの質を高めるのか(購買意欲が高いと思われるユーザーからのアクセス)と言う2つの事項に対して同時にバランス良く対策する事が重要なのです。
このような事を踏まえた上で、webコンバージョン獲得を中心軸として制作,開発/育成に取り組む為の方法論として、web集客プランをご提供させて頂いております
●新規でwebサイトをご検討
●既存サイトをコンバージョン面から改善を図りたい
●支店毎に専用のwebサイトを活用させ各々の事業所で集客に取り組みたい
特に上記のようなお客様向けのweb集客プランとなりますのでご興味ございますお客様はお気軽にご相談頂けますと幸いです。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください