閲覧ユーザーに選ばれる為の要素を、運営者自身は日々考えているか?|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

閲覧ユーザーに選ばれる為の要素を、運営者自身は日々考えているか?

閲覧ユーザーに選ばれる為の要素を、運営者自身は日々考えているのか?
既存のクライアント様と月例でお話しを行う際、業績が良い会社の場合はストロングポイントを更に伸ばし、ウィークポイントを如何に補うのか?と言う話しに従事するのですが、業績のあまり思わしくない会社様の場合、まず、お客様自らの考え方の基盤と言うものを、「顧客目線」に回帰して頂く為のお話しを行う事が多いような気がします。
現在、インターネット上に限らず 類似するサービス(商品)は多くの業界で山ほどあるわけで、その分、選ぶ側には「選択肢」が存在しています。故に選ばれる努力なくしては、例え検索上位にいようとも最終的なコンバージョン(反響)には繋がるはずがないのです。
検索上位=コンバージョン(反響)向上・改善ではない!!のです。
それどころか、沢山の方から訪問を受けた際、「ここは高い」「ここのサービスは他社に比べて不親切だ」のように場合によっては検索上位に存在する事がデメリットにも成りかねないと言われる可能性もないとは言えません。
クライアント様の立場からすると、それをどうにかするのが貴方の仕事ではないの?と本気で思われている方もいる場合がありますが、それは大きな間違いです。
何故ならば私は発信者ではないからです。クライアント様のサービスを表現する程にはそのサービス(商品)に対する知識や愛情や思い入れが不足してます。
では何故、このようなクライアント様は上記のような重要な事項を他社任せにするのでしょうか?そのような考えのお客様の多くが自分はインターネットにあまり詳しくないと言って、本気に考えていない事が要因ではないでしょうか
単刀直入な質問となりますが
本気になっていない運営者が運営するサイトが売れると思いますか?
そのメッセージがwebを通じて閲覧者の胸に響くと思いますか?
少なくとも私はそうは思いません。ですから上記のような事を常にお客様には考えて頂きたいですし、私どもはそのようなお客様の考えをベースに、業界人的なアプローチでアドバイス(例えばそれらの効果的な魅せ方)、それらに興味を抱きそうな方を検索エンジンから呼び込む為の施策を実施しているのです。
しかし、自分の事(自社サービス・商品)となると、自社の差別化要因が分からなく(見えづらい事)事もありますから、そんな時は自社中心で考えるのではなく(どんなお客様に購入してもらいたい等の願望的視点)どんなお客様の何に自分達は役立てる存在なのか?を考え表現する事の方が具体的に想像できます
但しこれらには、正解と言うものはありませんので、常に効果検証を行い、市場との距離を少しづつ詰めなければならない事も大きな課題となってきます。そういう時にデータ的な見解で検証・改善提案をさせて頂く事も当社の役割であります。
最近、情報レポートを配信している関係上、様々な業界の方からSEOに関しての相談をメールで頂きますが、その方々のサイトを見て思う事はSEOの前にまずは御社が選ばれる理由を閲覧者に如何に伝えたいのか?と言う部分の強化の方が重要ではないかと言う事も非常に多いです。テクニックの前に、まずは自社が選ばれる要素は何か?を自問してみてください
数値的根拠を踏まえた提案と見える要望を踏まえた提案の違い
お客様のこうしたいと言う要望はほぼ「見える部分」に集約されてしまいます。例えばデザイン、システム、予算(金銭)、目標数などがこれに当たると言えます。そうした場合、これら全ての要望にお答えするとなると、工数が増える問題やホームページ リニューアルの本来の趣旨から遠くなる事も往々にしてあるわけです。ですから私はお客様のご要望に関してはポイントを整理してお伺いするようにしますし、お客様のご要望に対する予算に関してはなあなあにせずに最初に厳し目に通知するようにしております。
(例)
現状1ヶ月に1つしか売れないサイトが1ヶ月に10個売れるようにして欲しいと言う要望を頂いた場合
※検討事項を順に表記
・そもそもその商品が1ヶ月10個webで販売する目標が現実的であるのか?
・現況何故、10個売れていないのかの要因追求(アクセスデータ検証)
・10個売る為に必要になってくるアクセス数・アクセスの質
・アクセス数・アクセス質を取得する為の施策と予算の抽出
・CB率やクリック率向上、ブランディングの為のデザイン(魅せ方の検討)
・自社運営に伴うサイト仕様変更の検討
・お客様の現況の技術やサイト状況を基にして今後の運営プランの検討
・お客様予算に対する施策工数の見直し
・お客様アクション、当社アクションの明確化
上記のような検証・検討の段階を踏んで、必要に応じてGoogle SEOやSEMや リニューアルやシステム導入等を御提案するようにしております。ですからお客様のご要望を鵜呑みにした提案と言うよりは非常に現実的な提案になる為に、私が提案したお客様の中には「今後web運営を行なうかどうかを検討したい」と言うお客様も実は少なくありません
仮に現状1個しか販売できていないお客様の場合は、当たり前ながら多くの改善点が存在しますのでお客様の考えられる予算と合わない。もしくは目標の10個売れても費用対効果が低いと言うような問題点も出てくる事もあるのです
またこれらの目標を掲げ予算を投入するならば、お客様自身が受身(他人任せ)でも思う程の効果は得られません。しっかりと自社サイトの現況を把握しつつ施策の検討。現実のマーケティング活動とwebマーケティングとの統一感も不可欠な要素です。
何度か言いますが、webサイトから集客・販促を成功させる。⇒かなり難しい事への取り組みなのです。お金を使えば成功する事が約束されているものでもないです。「自社には何が足りないのか?」このような部分からまずは自身で探ろうとする姿勢が重要です。

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます|福岡 ホームページ作成】


①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください