共同クーポン購入サイト|メリットの活かし方が「差」となっている現実|ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

共同クーポン購入サイト|メリットの活かし方が「差」となっている現実

集客の為に共同クーポン購入サイトを活用する。安売りで終わる方・そうでない方
現在クーポン共同購入サイトの数は、ますます増えています。これらのモデルはアメリカで流行したフラッシュマーケティングと言う手法が大きなモデルとなった新しい広告事業の形です。
特にポピュラーな存在としてグルーポンが挙げられるでしょう。昨年から流行りだしました。今年・来年までが、最もピークになるのではないか?と思われます。本日はクーポン共同サイトの特性を、出稿主・購入ユーザーの観点からメリット・デメリットを整理した形式で配信して参ります。今回は広告主側の観点にフォーカスした記事を配信させます。
【メリット】
●初期広告出稿料金はどのサイトでもほぼ無料
→通常の広告の場合は、出稿料金が発生する。単月の契約から年間の契約で出稿料金は変動するが、広告を出稿したからと言って必ずしも売上げ・利益が獲得できると言う保障がないと言う部分においてはフラッシュマーケティングの場合、売れた金額に対しての販売手数料と言う形態である事から、事業主にとってはメリットも制限はされるがリスクが低い方法である
●販売・決済までを代行してくれるので販促・集客を行う必要がない
→通常の広告と異なる最も大きな点は、広告を見た→お客様来場(または購入手続き)→支払い(決済)と言うような工程が不要である。これら一連の作業を全て共同クーポンサイト側で実施してくれる事から、事業主はクーポン購入者に対して最高のサービスを提供する事のみに尽力をつくせば良い
●まとまったキャッシュフローが取得できる
→全て共同クーポンサイトが決済を実施する為に販売枚数分の金額が締め日から約1ヶ月~2ヶ月後に(サイトによって異なる)まとめて入金(販売手数料を引いた金額)形式となる。
●シェアの低い時間帯を埋める為の施策
→もともとフラッシュマーケティングとはこの「論理」を基に構成された考えであると言えるのですが、(最近ではそういうわけでもない出稿の方が明らかに多い)例えばホテルなど、平日と週末ではお客様の宿泊率が確実に異なるような業種が、販売促進またはホテルのPRとして稼動率の低い平日で室数を限定させて非常に安価で販売した。
ホテルなどの業種の場合、毎日のランニングコストはある程度、統一される(稼動率の低い日でも基本的な高熱費や最低でも発生する人件費は、大きく異ならないと言う特性)人が来場しても人が来場しなくても、ある程度のコストが発生するような事業においてはそれらの穴を少しでも埋める為・またその機会を利用して話題性にて店舗(ホテル名)をPRする事も1つの狙いとなっている
【デメリット】
①50%以上の割引が要求される共同クーポンサイトにおいては、販売高から手数料を出すと言う事を考えると、業種によっては(仕入れ等が必要な)完売したとしても、殆ど純利益は獲得できない
②クーポンで来場したお客様にリピート来場してもらう際の障壁が高くなる。
③クーポン購入者ばかりが来場する事を若干想定し、業種によっては迎えいれる体制等を整備しなければならず(仕入れ・人員等)、はじめてクーポンを出稿するお店にとっては当初は予測する事が難しい
④通常価格でサービスを提供するお客様・クーポン購入でサービスを提供する方、顧客を差別する事はタブーであると分かっていながらも忙しいとつい、クーポン購入者に対する対応が悪くなりそれらが結果としてお店の評判を落とす場合がある。
⑤クーポンサイトに出稿しても完売してくれないと非常にかっこ悪い
上記はあくまでも、私が考えるメリットとデメリットです。お店や業種によっては様々な考え方も存在すると思います。基本的に世の中とは表裏一体であり、メリットもあればデメリットもあります。その中で、デメリットに対してメリットが勝つと思われる事業主が現在共同クーポンサイトへの商品提供を実施しているとも思われます。
私自身が、クーポン共同購入サイトを利用する事業主が考えるべき、最も重要と考える事は、デメリットを1つづつ打ち消す為の「方法論」の模索であり、私達、クーポンサイト運営者はそれらのデメリットに対応策を1つ1つ提案する事であると思うのです。例えば、お店の認知向上・1回来場したお客様を再来場させたいと言う思惑のある事業主にとっては、正直な話、デメリットの1つ目は既に解消されたも同然です。
しかし②~⑤までの次項に如何に対応するのか?と言う方法を見出せない状態では、逆に思惑と逆の方向に物事が進む可能性も高いと言えます。クーポン共同購入サイトは単なる「きっかけ」づくりです。これは、デフレの流れにあえて逆らわずにデフレの良い所だけを利用すると言う考えも基になっております。川の流れに逆らって泳ぐ事のように、デフレを単純に「悪」と考えるのでは、デフレを乗り切る事は難しいのも事実です。

①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください