集客ホームページ制作 |ウェブサイトリニューアルでホームページからの集客力を向上させる為に必要な知識と戦略

集客ホームページ制作

ディレクトリー階層によって「テーマ分け」されたwebサイト・SEOとの関係
こんにちわ KCEマーケティングの勅使川原です。この度は当社集客webプランの特徴を中心的に、皆様の明日からのwebマーケティングに活用頂ける情報を解説させて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。
昨今、色々な選択肢が増えた事で、webマーケティングは多様化しております。故に昔のように※※をすれば※※になると言うような単純な問題ではありません。
様々な方法で、アクセスの数とアクセスの質を意識した施策が不可欠と言えます。理想を言えば全ての方法でアクセス導線を確保しお問い合わせや販売促進に繋げる事ですが、予算は無限ではありませんから、その中で何が一番自社にとって現実的なのかと考える必要があります。
今回はその辺りを踏まえましてSNSや検索エンジンからトラフィックを獲得し反響に繋げるまでのフロー・webサイトの仕様に関しての解説をさせて頂きます。
●通常の企業・店舗がwebコンバージョンを高める為に必要な事とは
ホームページ制作と聞くと、デザイン性にばかりに目が向いてしまいますが、市場認知がそれ程に高くない企業や店舗にとってまず重要な事は自社のWEBの存在を様々な手法で認知してもらう事であり、その為のアクセス施策を考えた上でのサイト設計が不可欠であると言う事が言えます。
決してデザインを無視すると言う事ではなく、デザインと言う人の評価が万別な要素に対してのみ予算を発生させるのではなく、ホームページを運用をイメージした上で、どのように運営して行くのか? その為に何が必要なのか?を踏まえたサイトを制作しなければ、結果的にコンバージョン・費用対効果は低いものとなってしまいます。
当社が、このような部分に目を向けて警報を鳴らすのは、これまでに多くの運営者からリニューアルの依頼を受ける際の動機の部分で、自社のwebコンバージョンの低さの改善したい。集客・販促できるものにしたいと言う声を頂いていた事にあります。
勿論、web広告を配信できる企業や店舗、既に市場認知力が高いような企業や店舗の場合は、デザイン性重視のサイトを制作してもコンバージョンを高める事は可能でしょうが、一般の企業や店舗が同等の手法を採用する事は難しいのであれば、意向の切り口自体を変える事が必要でしょう。
そのような事を踏まえ、当社では集客・販売促進に特化したwebをコンテンツマネージメントシステム(以下:CMSと呼びます)を利用して構築し、その集客性・機能性をこれまでweb集客・販促に取り組めていなかった企業・事業主様や今後取り組みたい企業・事業主様にご提供させて頂きます。
●webで集客・販売促進を成功させる為に必要な要素をcmsサイトで構築
皆様はCMS言葉をお聞きになった事はございますでしょうか? 聞いた事のない方の為に私の方で分かりやすくCMSの特性・メリットを簡単に紹介させて頂きます
昨今流行のブログサイトは全てCMSです。CMSは一定のテンプレートをディレクトリー間でパーツ化させる事・HTMLやスタイルシートを必ずしも必要とせずにweb更新を行える事でページ量産に適しており、昔のようにweb制作したら更新は数回と言うようなサイトではなく毎日目まぐるしく移り変わる情報をリアルタイムに発信する事にも適したwebシステムです。
検索エンジンもwebサイトの更新頻度も検索順位決定の大きな要素として考えていますので、SEO対策の観点からも自社サイトのweb仕様変更を行う企業・事業主も増えております。
当社も勿論サイト仕様としてCMSを採用しておりますが、当社の場合はこれまでの経験を基に、集客・販売促進の実現と言う部分にフォーカスした形式で、商用webサイトにとって最も必要な アクセスをどこからどう運んで どういう方法で集客・販売促進に繋げるのか?と言う目的実現の為のweb仕様を開発・提供しております。
●集客・販促を実現する為に重要な要素とは・・・・?
アクセス数を獲得しなければならないと言う命題が存在します。アクセスが増える事でサービス・商品の認知。企業や店舗の認知が向上する事を考えますと当たり前に必要な要素となります。
但し、闇雲にアクセスが増えても仕方ありません。商用webにおいては多くのアクセスよりも少なくても購買意欲を持つユーザーからのアクセスを取得する事の方が実質的な利益には結びつきやすいと言う特性が存在します
故に、アクセスの質も考えた方が良いと言う命題も存在します。アクセスの数を獲得しつつ、質の精査を行い 集客や販売促進に繋げる。サイト運営者としては理想の形と思いますが、これらを可能な限り低予算で実現させようとするのが当社web仕様の特徴です。
●アクセスの数・・・SNSコミュニティーからの関連アクセスの引き込み
まずアクセスの数を増やす為に利用するのは、昨今ではブログ系・つぶやき系と多様化したソーシャルメディア SNSと呼ばれるものの存在です。ソーシャルメディアの最たる特徴は、ソーシャルメディア自体に既にコミニュティーが構築されており、自分のサイトの更新情報やキャンペーン情報をSNSを通じてリアルタイムに発信できる事が挙げられます
この記事を見ていただいている方は、アメブロ・twitter・FACEBOOKの何れかのSNSを運用されていらっしゃると思いますが、それらを例として簡潔に解説しますと、アメブロには読者登録・アメンバー登録・ぐるっぽと言うような活用コミュニティーが存在します。
Twitterの場合はフォローワーと言う概念 facebookの場合は友達申請・コミュニティーページやコメントのシェア機能がこれにあたると思われます。コミュニティーが大きければ大きい程、発信情報がコミュニティー内の方の目に触れる機会が増えます。勿論コミュニティー内の方全てがアクセスしてくれるわけではないでしょうが、コミュニティー内でやり取りがある方や、共通の趣味等を持つコミュニティー内の仲間同士の場合、SNS⇒内容・詳細を確認する為にわざわざホームページに尋ねてくれる方も増えます。 
且つ、わざわざアクセスしてくれると言う工程が入る事で、アクセスも精査されていますので、滞在率が高い質の良いアクセスになっている場合が多いです。実質的に私もアメブロで知り合い⇒お仕事の依頼を受けた方やお仕事を依頼した方は、少なくありません。実際にはお会いした事がなくても、ブログやtwitterやfacebookを通じて非常に親近感を覚えると言う方も決して少なくなく、安心感・信頼感に繋がると言えます。
このような事から例え新規開設したばかりのwebでソーシャルメディア等の使い方如何では、多くのアクセスを取得するwebと出来る可能性は十分に出てきます。
●アクセスの質・・・SEO対策のメリット,本プランでの採用
SNSからアクセスを運ぶ施策だけではWEB集客・販促を成功させる事は余程のコミュニティー形成能力がない限り難しいと言えます。よってそれ以外のアクセス導線、質の高いアクセス(購買意欲があるアクセス)を運ぶ導線の整備は必ず必要になってきます。
その為に思いつく方法としては・・・・
① スポンサードサーチ等のクリック広告
② SEO対策・MEO対策を中心した最適化作業
上記2つの方法が最もポピュラーな選択となります。2つの導線の特徴としましては、ユーザが自分の欲する情報をキーワード化させて検索された際に、表記される事から このような経由から来たアクセスとは、その質が高いと言う事が言えます。(ここでのアくセスの質とは購買意欲と言う意味です)
しかし費用対効果を考えた場合、1クリックで料金が必要な①のような方法の場合、クリックされる=必ずしも売れるわけではありませんから、ややリスクを伴う施策になってしまう場合があります。しかしその反面、SEO対策はクリックに応じての費用等は発生しませんので、対策しても1ページ目以外ならばあまり意味を成さないでしょうが、1ページ目にランクする事で安定的なアクセスを見込め、且つ質の高いアクセスだけにコンバージョンに繋がりやすく出来ると言う特徴があります。
このような事もあり、本プランではコンバージョン・費用対効果を中心に考え、お客様の負担低でのweb運営の観点から全てのお客様にSEO施策の導入を実施しております。
現在、本プランに関しての資料もお客様の現況等を確認させて頂きながら、ご提案書付きで御送付させて頂いております。Webサイトからの集客・販促効果の改善や新規取り組みを実現したいお客様との出会いを楽しみにしております。
ディレクトリー階層によって「テーマ分け」されたwebサイト・SEOとの関係
ディレクトリー階層をサービス毎として利用可能なcmsをホームページに採用する事で同一ディレクトリー内の情報が特化される為に、私のように、取り扱うサービスが似ているようで(発信する知識・技術)異なる場合は非常に助かります。サブドメインでの運用も考えましたがサービス毎が必ずしも独立したものではない事もありドメイン評価は引き継ぎたい事からディレクトリー構成としています。※文章のみでは分かりにくいと思いますので、下記の簡単な解説もご参照ください。(これも分かりにくいと言う方。すいません・・・・)
下記のように サービスディレクトリーを分類させる事でサービスや商品に関しての情報をユーザーに対して告知レベル上に通知する事が可能となりますし、書籍等と違い情報は常に管理者が更新できるようになります。ユーザーには常に最新の情報や細かい情報が取得できると言う利点が生まれ、サイト運営者側には情報発信そのものがコンテンツとしてのブランディングであり差別化となります。このようにcmsでホームペーージを制作し、ディレクトリー階層を構成する事で、テーマに沿った内容を中心としたwebを構成させて行く事が出来き、幅広いキーワードで検索上位が実現します。
■サービス毎の構造サンプル
トップページ(※※法律弁護士事務所)
     ┣A.会社概要
     ┣B.お問い合わせ
     ┣C.新着情報NEWS
   ┣D.過払い返還訴訟(サービス①)
     ┣D1.依頼概要
     ┣D2.お問い合わせ
     ┣D3.料金
     ┣D4.お客様の声
     ┣D5.更新情報
         ┣D5-1.過払い返還訴訟に関する担当者①ブログ
         ┣D5-2.過払い返還訴訟に関する担当者②ブログ
         ┣D5-3.過払い返還訴訟に関する担当者③ブログ
 
   ┣E.労務トラブル訴訟(サービス①)
     ┣D1.依頼概要
     ┣D2.お問い合わせ
     ┣D3.料金
     ┣D4.お客様の声
     ┣D5.更新情報
         ┣D5-1.労務トラブル訴訟に関する担当者①ブログ
         ┣D5-2.労務トラブル訴訟に関する担当者②ブログ
         ┣D5-3.労務トラブル訴訟に関する担当者③ブログ
※バック黄色の箇所が更新される事でバックがピンクの箇所のデータが新しく再構築されます。検索エンジンに対してはサーバー更新情報と合わせて黄色・ピンクの箇所全てのコンテンツ更新情報として処理されます。運営者が実施するのは黄色の更新作業のみです。※バックカラーのない箇所はその情報そのものが変更にする際は更新情報として伝達されます。
SEO対策 キーワード Yahoo・Google順位 競合サイト数
SEO対策 福岡 3位 約748,000件
ホームページリニューアル 3位 約1,480,000件
ameblo 8位 約760,000,000件
カード買取 1位 約51,900,000件
※2012年10月6日現在。上記は一例です。
  ※Google検索順位を表記しています。検索順位は日々変動しております。
 
ドメインに対する検索エンジンからの評価にはやや不満足な部分もございますが、他のseo業者様のようにバックリンクを作る事に奔走もしておりませんし、キーワードを意図的に過剰に埋め込んでいるわけでもありませんから、単純にユーザービリティーを意識した更新作業(※ユーザーの検索動機を先回りして考え、それらの動機を満たす回答を記事として更新する方法)を実施する事が結果的にSEO対策にも好影響を与えている状況を作れている事は非常に望ましい事です。
そしてこのような方法で検索エンジンから評価を取得する最大のメリットは、 検索動機に対する回答をサイト内に用意する事( ユーザビリティー強化を意識した更新作業)その内容に惹かれたお客様からのアクセスが増える為に、結果として直接的なコンバージョンに繋がりやすくなる事が挙げられます。
[ホームページリニューアルを決断する時に考えて置きたい事項]
ある程度の予算を投入してwebサイトを作ったし、制作者がSEO対策もバッチリと言ったから、HTMLやCSSやSEOにあまり詳しくないので完全にお任せしておりましたが、殆ど効果を感じる事がなく、確かに一定のキーワードでは検索上位にいるみたいなんですが・・・と言うような悩みをお持ちのお客様が非常に多いように感じます
そもそもSEOすれば必ず売れる保証なんていうものはどこにもないのですから、制作者の言葉を鵜呑みに考えてしまった事が失敗の要因であり、御自身でもwebマーケティングに関してもう少し知識を学ばなかった事こそ大きな問題と言えます。
自分でやれない(時間含め)だからプロに外注すると言う考えは間違いではありません。しかし自分以上に自分のwebのコンバージョンを意識して動いてもらうならばそれ相応の予算(ランニングコスト)がかかりますので、低予算(ランニングコスト)でサポートして頂く場合はその範囲を予め指定される事の方が多いはずなのです。
故に、運営者様自身がwebマーケティングを知る(知ろうとするアクションの)必要があります。書籍でも良いしインターネットでも構いませんので得た知識を御自身のwebで実験しつつ検証し、自社に何が足りないのかを考え、リニューアルする際はそれらを制作者ならびに施策者にお伝えし、その上で御自身で取り組む事が難しい(技術・時間)部分を効果的に外注する事が必要なのです。
Google SEO対策に関して言えば、現在は外部施策のみでは効果が出にくくなっております。内部対策と外部対策と持続的なサイト運営アクションを一本のフローとして確立させる必要がありますし、現在はそれらにfacebookやtwitterやブログ等のソーシャルメディアとの直結性・関係性も非常に重要な要素となっております。
故に当社でもwebコンバージョンの向上・改善の為には単一の施策のみをご提案するよりも効果が見込める可能性が上がる仕様変更を含むwebサイトリニューアルを御提案するケースも増えてきております。勿論、それらの選択はお客様の運営状況や運営体制によっても異なりますが、いつも提案の中心軸はお客様がwebサイトからコンバージョン(反響)数を向上させる事なのです
ホームページリニューアルをお考えのサイト運営者様へのご提案
ホームページリニューアルに関しての相談を最近良く頂きます。福岡のお客様よりも他県のお客様が多いような気がします。且つアメブロを運営されていらっしゃる方や企業広報の方からの相談が増えてます。本日はそれらの理由から、実際に当社の強みに関してまでを記事レポートさせて頂きます。
私は、ホームページリニューアルのご相談を頂く中で最近、強く感じる部分があります。それは現状の何を解消したいのか?明確なビジョンをお持ちでない事や魅せ方の部分しか表現できない場合が圧倒的に多いと言う事です。しかし本質的な問題は上記ではなく、自社サイトの現状をデータを踏まえて解析できていない事だと強く感じます。よって運営者の方は、自社のホームページが現状どのような状態なのか?まずは「知る」事がとても重要です。私の記事の内容が今は分からなくても大丈夫です。但しこの記事に出会った事で本日からアクセス解析(Google Analyticsを推奨)位は自分で設置して検証(知る事)を始めてみましょう。
●何故、当社はリニューアル制作に関しての問い合わせが多いのか?
当社でリニューアルした途端にアクセス(トラフィック・その他のデータ)が上昇するからです。分かりやすい部分でお伝えしますと検索エンジン経由でのセッションは現状よりも飛躍的に上昇します。
●何故、上記のような現象が起こりうるのか?
何故そのような現象が起こるのかに関してを説明します。理由は1ページ1ページにテーマを作るからページ数の数だけ検索エンジンに正しく評価されやすい作り方(実際には1ページ1ページ手打ち作業を中心に作ると言っておきます)を施すからです。
○機械的・定型的なページ制作ではなく1ページ1ページにテーマを持たせる
トップページのみが所定のキーワードで検索されれば良いと言う作りではなく1ページ1ページが所定のテーマで検索される為に時間をかけるからこそ、これまでリニューアルさせて頂いた方においては、アクセス(トラフィック・その他のデータ)は100%上昇します。
○充実したサイト内部リンク構造・CMS採用で実施する自力SEO仕様
各ページ下に、お客様自らがブログを作る形式で更新を自身で実施できるように、CMSを採用しますのでそれらの更新頻度や運用実数、更新内容の質(他者からの評価)の向上を図る事で結果的には自力でのseo対策も施す事が可能です。(サイト仕様としての内部リンクは制作時にコーティング)
○お客様が更新する部分は即時ブログやソーシャルメディアへ自動配信・同期
更新する内容は全て、制作段階で挿入するプラグインにより各種ブログへ自動的に配信する事が可能(現在はlivedoorブログ・hatenaダイアリー・mixi・twitter・hatenabookmarkに対応)尚、アメブロやその他ブログへはjavascriptを利用する事で最新情報をブログ上部に自動的に反映が可能(アクセス導線の強化)facebookやその也rssフィードを利用できるソーシャルメディアにはrssでの自動配信も可能な為に、ホームページの更新情報をありとあらゆるソーシャルメディアに一括して配信する事が可能となります。(コピペ不要)またFACEBOOKのプラグイン機能を活用する事でサイト上でのやり取りをfacbookと同期させる事も可能。facebookは実名での利用が義務つけられている為に荒らし等の心配も殆どありません。
外部ブログ更新情報をホームページに表記・Google AJAX Feed API
現在頂く殆どの相談は、リニューアルに偏っています。しかしその中に以外に多い相談が、ホームページリニューアルよりも、今の自分のブログを自社のホームページの中に更新情報として同期させる事が出来ないか?と言う関係の相談も多いです。以前までの私ならば、ブログ更新して誰が得するのか?アメブロのドメインを育成させてもアメブロが無くなったら「0」になりますよ的なお話しをしていましたが、そうは言ってもブログやソーシャルメディアの持つコミュニティー性を考えるとそれも一つの予算を抑えて実施可能な方法ですから頭を振り絞りながらお客様に合わせてご提案しています。
方法としましては、「Google AJAX Feed API」を使って外部ブログをrssまたはatomで読み出してそれらを自分のサイト内にレイアウトを施しインラインフレームで挿入する方法です。実質的にホームページの更新情報としては処理されませんが、人間の目には更新されたようにしか見えません。検索エンジンへの評価はブログ自体に行ったり・ホームページのSEOを別途で施せば良いと考えるとまあ方法としてはアリかなとは思います。尚アメブロのrssを利用する際には広告RSSがもれなく付いてきます(RSS広告の場合、広告を有料で外す外さない関係ありません)のでその場合、自社ホームページにPR広告を付けたくない方は、PRを外す為のRSSを取得する必要があります。詳しい方法はコチラを下記も参照ください
ニッチのテーマのポータルサイトを運営する際に知って置きたい事項
例えば、飲食店であろうが通常のサービス事業であろうがそのジャンルは多種多様です。仮にラーメンと言うジャンルを考えても、「トンコツラーメン」もあれば「味噌ラーメン、醤油ラーメン」も存在するわけです。これらをインターネット検索に置き換えて考えますと、「トンコツラーメン」の情報を取得したいユーザーにとっては「醤油ラーメン」の情報は不要であると言う事です。尚且つ「トンコツラーメン」の情報に特化したポータルサイト情報の方が検索するユーザーの立場で考えると重宝します。何故ならばそれは、色々なトンコツラーメンを選べるからに他なりません
これがニッチのマーケットにおいてポータルサイトが求められる大きな理由でもありますし、これらの趣旨で出来たポータルサイトはGoogleの検索エンジンからも高評価を取得しやすい傾向がございます。ニッチマーケットはライバル数が少ない事も1つの強みです。但しデメリットがないわけではありません。市場認知されるまでは費用対効果の低いものとなる可能性もありますし、費用対効果が取得出来ないままサイト閉鎖なんて事も珍しくない事なのです。但し、ある程度の市場認知力が付いて、且つアクセスが集まるようになってしまえば妙味(メリット)が高い事もニッチなマーケットのポータルサイトの特徴です。
ニッチ性の高いマーケットにはそれだけそのサイトから発信される情報を重宝しているユーザー様も多いです。そのようなユーザー様を対象した商品(自社でもアフェリエイトでも)でもあれば確実にコンバージョンは上がります。興味ない方がインプレッションするのとは訳が違います。 デメリット・メリット等、考えたい事項はいろいろありますが基本的に1つのジャンルに特化したポータルサイト(メディアの存在)は興味を持つユーザーを惹きつけやすい特性を持ちます。またアクセスの質も高いのでコンバージョン率の向上も期待できます。だからこそサイトにどれ位コストをかけて育てる(アクセス導線を増やしたり・認知力の向上を図る)のかが成功か失敗かの大きな分岐点となる事も把握して置いた方が良いでしょう。
来店ビジネスの方が、ホームページから集客できる為に必要な事
来店型の店舗運営・または出張型の店舗経営においてインターネットが持つ役割は近年ますます増加しております。特に利用頻度が高くなったのは、YahooまたはGoogleにおける検索エンジンからのアクセスの流入でしょう。しかしこれら本来は自社ホームページ等を準備していた方が良い業種様の多くが自店でホームページ等をお持ちになっておらず、広告媒体誌が有料・無料問わずに付けてくれるWEB機能を利用していたり 、「ぐるなび」等のポータルサイト内に有料の店舗案内が存在したりと言うレベルでの運用が殆どです。
これって実は大きな、機会損出なんです。理由は、それらが完全に借り物であり、運用できる幅が狭い為に広告会社のWEBページ経由やポータルサイト内から、お店の情報が「形式」として読まれる事はあっても、検索エンジンから探している情報としてアクセスを受ける事は少ないわけです。私も店舗ビジネスを長い事やっていたから分かりますが、店舗ビジネスとは「特色」が命です。似たような業種は数限りある中で如何に自分のお店やサービスを選んでもらうのか?と言う運営者の積極的な姿勢が閲覧ユーザーの心に響き、店舗に興味を抱いてくれると言う事が多いです。最近はホームページはお持ちにならなくても、アメブロをはじめとしたソーシャルメディアをメインに運用されている方も非常に増えています。背景には、自分自身で発信したい事をリアルタイムに配信したいと言う運営者の意図もあります
但し、ブログを使えばそれだけで店舗集客に繋がるのか?と言われればそれはかなり難しい質問でもあります。誰もが、ブログを使えば集客できるならば苦労しません。使う事よりも使い方であると言う事に気づいていらっしゃる方は増えていると思います。 では逆にホームページがあればそれらの問題が解消するのか?と言われますとそうでもありません。しかし単なるブログ運営よりは、色々な意味で幅広いニーズに対応する事は可能です。
ブログは、あくまでもブログ(日記)。ホームページと最も異なるデメリットは自由度がない部分です。ある程度の知識を持ったり当社のような存在に加工を依頼すれば、今ある範囲内でホームページのように出来るとは思いますが、所詮はブログ(日記)です。集客するとか販促を仕掛けると言う観点ではなく、ブログ内で知り合った方に自分の店舗を知ってもらったり広めてもらったりする事までが考えられる効果です。一方でホームページの場合は自分のサービスの特徴や自分のサービスのストロングポイント。それを購入した方の声など自分のサービスに関しての取り扱い説明書のような形式で様々な情報発信を実施しつつ集客・販売に繋げやすい(販売者(会社)の明確性)特徴があります。これらはサービスのPRに対する影響もさることながらブランディングの確立に繋がってくる部分です
昨今、「モノ」は溢れています。AとBにそれ程の違いがなければ安いほうで選ぶ時代です。且つ消費者はわざわざ店頭に足を運ぶよりも、インターネットと言う便利な市場で購入する方が安く買える場合が多いのです。ですからそのように「安さ」で勝負ではなく「本質」で勝負したいサービス提供者は、ブログもホームページもそれぞれの特性を生かしたマーケティング眼が必要となっています。リアルな営業活動においてもwebマーケティングにおいても集客や販促を実施する上で運営サイドに求められる事項とは、実は変わらないものなのです。
通販サイトで売りたいならば自社ホームページ制作とショピングモールへの出店
福岡で通販をされたいと言うお客様、非常に多いのですが開封一番 おっしゃる事は『儲かる通販サイトが作りたい』・・・・・・・が多いです。『う~ん?と悩んだ挙句 儲かる通販サイトはこちらでは作れませんが、お金をかける代わりにお客様自身が労力を注げば、儲かる可能性のある通販サイトだったら作れますよとお答えしてしております。まだまだ勘違いをされる方が多いです。
通販=売れると言う考えの方は、絶対に売れません。何を持ってそう言う考えになるのか?正直な話し疑問ですが多くの方がそう思われている現状を嘆いても仕方ありません。確かに現在、急成長事業の一種として「通販業界」が上げられますが、成長する企業程、多額な予算を投入しております。CM、TVCM、紙媒体、雑誌、ネット広告等、毎日ありとあらゆるマーケティングを施しているわけです。社内にも鍛錬されたオペレータまでを配置しております。これぞまさに営業努力です。では通常の個人事業の方は「通販」で成功する事は出来ないのか?と言われればそうではありません。
勿論全ての方が成功するわけではありません。根本的にどの市場に対しての販売戦略を持ち、それに適したサイト構成にするのか?本来は企画段階からプロに依頼した方が得策だったりするわけです。私はサイトを作る事もしますし、SEOもやりますし、ソーシャルメディア戦略も滞在率向上の対策も WEBコンサルティングも企業WEB担当まで、幅広く行っておりますが、通販サイトこそ最もサイト仕様が問われるものはないと思っています。インターネット上で完結させたいと考えれば、その負担も高くなりますし、勿論、労力もかかります。ただ通販サイトを作れば売れるなんて事は絶対にないわけです。しかし悲観される必要はありません。通販サイトで販売強化したいならば、販売対象物にも寄りますが既に対象ユーザーが存在する市場で販売すれば良いのです。楽天・Yahoo・Googleにショップがありますよね。こう言う場所に出展する事が最もベターな選択です。但しあくまで運営費は毎月しっかり見て置く必要はあります。最低でも10万程はかかるでしょうし、かけなければなりません。
その運営費を抽出出来ない場合は出店の箇所を分散させずに、自社サイトを使ったり、自社ブログを内部アクセスに強いフリーブログを作ったり、SEO対策したり、対策用のサイトを構築したり様々な自力で行う事の出来る余地のある部分に分散して投資を行う事も重要です。とにかく安易に通販事業を始めたとしても、相当に価値のもあるものしか売れません。逆にどなたでも取り扱っているものはライバルが多すぎて売れません。何れにしてもハードルは低くないですから自分が売りたい商品とそれに対する毎月のランイングコスト等をトータル的に考えた上で、その商品がそれだけのお金をかける価値のある商品か否かを確認してみてください。
ホームページ制作 アクセス数アップ アメブロとの連携 
私は福岡で事業を行っていますので基本的には福岡で事業周知・集客,販促・ブランディングをWEBを使って実施したい方に新規 ホームページ作成,リニューアル作成,アドバイス・代行サポートを実施させて頂いております。その中で当社が一番オススメなのはWEBマーケティングをご自身で取り組める仕様にさせて頂いたホームページ制作プランです。10月11月前半は、Yahoo JapanとGoogleの検索エンジンの連携時期が近づいた事、来期を迎えるにあたってのアクションとしてのWEB活用と言う事もあり、数多くのお客様からのお問い合わせやご相談が増えていました。中でもやはり、一番のお問い合わせ内容は、サイトリニューアル・cms関係のお問い合わせです。要因は様々ですがリニューアルを希望されるお客様が必ずおっしゃる事は『新規集客が出来るホームページが作りたい』です。簡潔に表現するとこれが一番です。要はホームページが飾りになってしまい一切の費用対効果を生まない事を嘆いていらっしゃたわけです。
私は見積もりや受注を頂く前の段階として、現状、何故そのお客様のホームページが集客出来ないか?本質的な理由を突き止める作業から始めます(提案または提案書の作成)少なくてもデザインがダメだとか、サイトが全体的に○○だとか、SEO対策が出来ていないとか、そのお客様の本気に対してアマチュア以下の回答はしません。悩みがあるから占いに来た方に対して占い師が「貴方は今悩んでますね」と言いませんよね。私は何故お客さんのサイトが集客出来なかったのか?と言う推測するのではなく、何故それらを今まで行えなかったの?と言う本質的問題にこそ注目すべきであると考えています。
●自分で更新を出来ない
●ブログの使い方が分からない
●SEO対策が何をすれば良いのか?分からない
●そもそもインターネットなんか使う時間がない
出来ていない事よりも出来ていない理由がそこに存在している事の方が多いわけです。よってその本質的な問題の解消方法を考える事がまずは私の仕事になります。ある方にはホームページの前にブログを作る事をやってもらったり、ある方には私のブログ記事を全部読んで頂いたりなど、本質を解消する為にはそれなりの意識も必要になる場合も多いです。しかし私はこの事業をスタートした時から、単純にホームページを作れば良いなんて考えてませんし、まして『ホームページを待ちの営業のツール』なんて言う愚かな考えも持っていません。私の記事は、"新規集客する為のホームページを作りたい"と考える方を引き寄せる為の『迎えに行く為の数々のアクション』があります。この記事を読んでいらっしゃる貴方はもしかしたら、私に迎えられたかも知れませんよ。
このような事を申込前の段階で既にある程度私自身がイメージし、申込を頂いた後に本格的に深く考え、お客様とお話しをしながら、可能な限り最小労力で最大効率化の図れるホームページ運営を行える為の『青写真』を組み立てています。この作業は本当に産みの苦しみです。
この作業段階では、私の意識は一切デザインがどうだとか、Flashがどうだとか、動画がどうだとかにはシフトさせません。何故ならデザインありきではなくそれを見てくれるお客様ありきだからです。デザインは何の為に存在するの?そのホームページに訪れてくれるユーザー様の為です。ですからサイト仕様を固めた上でデザインを選択する方がお客様には制作後に結果として喜ばれる場合が実は多いです。そしてそのような作業を経て、ようやくCMSでホームページを構成を始めます。
私の構築するサイト仕様に段々と、お客様のイメージをシンクロさせて行きます。この工程に突入する事で、初めてデザインに関して深く考える作業に入ります。尚、ここからは私ではなくデザイナーの仕事です。私からデザイナーに確実な意図とイメージを受け渡します。そうやってある程度ホームページと言うものは出来てくるのですが、この時点では只の形でしかありません。最終的に『息』を吹きかける私の重要な作業が必要になります。それがページ内、ディレクトリー階層、カテゴリー,内部構成,ナビゲーション、各種プラグインカスタマイズの作業達です。この作業こそが新規集客する為のホームページの基幹を構成してくれます。そしてお客様が愛着を持てるか持てないか重要な要素であります。そのような工程を踏み、「形」が生き物に変わるわけです。ですから私はホームページはお客様を迎えに行く為に使いましょうと言っているわけです。
集客の為に共同クーポン購入サイトを活用する。安売りで終わる方・そうでない方
現在クーポン共同購入サイトの数は、ますます増えています。これらのモデルはアメリカで流行したフラッシュマーケティングと言う手法が大きなモデルとなった新しい広告事業の形です。
特にポピュラーな存在としてグルーポンが挙げられるでしょう。昨年から流行りだしました。今年・来年までが、最もピークになるのではないか?と思われます。本日はクーポン共同サイトの特性を、出稿主・購入ユーザーの観点からメリット・デメリットを整理した形式で配信して参ります。今回は広告主側の観点にフォーカスした記事を配信させます。
【メリット】
●初期広告出稿料金はどのサイトでもほぼ無料
→通常の広告の場合は、出稿料金が発生する。単月の契約から年間の契約で出稿料金は変動するが、広告を出稿したからと言って必ずしも売上げ・利益が獲得できると言う保障がないと言う部分においてはフラッシュマーケティングの場合、売れた金額に対しての販売手数料と言う形態である事から、事業主にとってはメリットも制限はされるがリスクが低い方法である
●販売・決済までを代行してくれるので販促・集客を行う必要がない
→通常の広告と異なる最も大きな点は、広告を見た→お客様来場(または購入手続き)→支払い(決済)と言うような工程が不要である。これら一連の作業を全て共同クーポンサイト側で実施してくれる事から、事業主はクーポン購入者に対して最高のサービスを提供する事のみに尽力をつくせば良い
●まとまったキャッシュフローが取得できる
→全て共同クーポンサイトが決済を実施する為に販売枚数分の金額が締め日から約1ヶ月~2ヶ月後に(サイトによって異なる)まとめて入金(販売手数料を引いた金額)形式となる。
●シェアの低い時間帯を埋める為の施策
→もともとフラッシュマーケティングとはこの「論理」を基に構成された考えであると言えるのですが、(最近ではそういうわけでもない出稿の方が明らかに多い)例えばホテルなど、平日と週末ではお客様の宿泊率が確実に異なるような業種が、販売促進またはホテルのPRとして稼動率の低い平日で室数を限定させて非常に安価で販売した。
ホテルなどの業種の場合、毎日のランニングコストはある程度、統一される(稼動率の低い日でも基本的な高熱費や最低でも発生する人件費は、大きく異ならないと言う特性)人が来場しても人が来場しなくても、ある程度のコストが発生するような事業においてはそれらの穴を少しでも埋める為・またその機会を利用して話題性にて店舗(ホテル名)をPRする事も1つの狙いとなっている
【デメリット】
①50%以上の割引が要求される共同クーポンサイトにおいては、販売高から手数料を出すと言う事を考えると、業種によっては(仕入れ等が必要な)完売したとしても、殆ど純利益は獲得できない
②クーポンで来場したお客様にリピート来場してもらう際の障壁が高くなる。
③クーポン購入者ばかりが来場する事を若干想定し、業種によっては迎えいれる体制等を整備しなければならず(仕入れ・人員等)、はじめてクーポンを出稿するお店にとっては当初は予測する事が難しい
④通常価格でサービスを提供するお客様・クーポン購入でサービスを提供する方、顧客を差別する事はタブーであると分かっていながらも忙しいとつい、クーポン購入者に対する対応が悪くなりそれらが結果としてお店の評判を落とす場合がある。
⑤クーポンサイトに出稿しても完売してくれないと非常にかっこ悪い
上記はあくまでも、私が考えるメリットとデメリットです。お店や業種によっては様々な考え方も存在すると思います。基本的に世の中とは表裏一体であり、メリットもあればデメリットもあります。その中で、デメリットに対してメリットが勝つと思われる事業主が現在共同クーポンサイトへの商品提供を実施しているとも思われます。
私自身が、クーポン共同購入サイトを利用する事業主が考えるべき、最も重要と考える事は、デメリットを1つづつ打ち消す為の「方法論」の模索であり、私達、クーポンサイト運営者はそれらのデメリットに対応策を1つ1つ提案する事であると思うのです。例えば、お店の認知向上・1回来場したお客様を再来場させたいと言う思惑のある事業主にとっては、正直な話、デメリットの1つ目は既に解消されたも同然です。
しかし②~⑤までの次項に如何に対応するのか?と言う方法を見出せない状態では、逆に思惑と逆の方向に物事が進む可能性も高いと言えます。クーポン共同購入サイトは単なる「きっかけ」づくりです。これは、デフレの流れにあえて逆らわずにデフレの良い所だけを利用すると言う考えも基になっております。川の流れに逆らって泳ぐ事のように、デフレを単純に「悪」と考えるのでは、デフレを乗り切る事は難しいのも事実です。
昨今、50%offで購入可能なチケットを販売するグルーポンや@クーポン九州,ポンパレと言う存在が主流です。と考えた場合、これらの方法を採用しないお店で、新規集客が急務であるお店の場合は、ますます新規集客が困難になっている現実から目を背けてはいけません。
これらの施策をしないでも、安定的な新規集客が確保できるならば無理に行う必要はないのですが、現状で集客に困窮しているならば利用しない事は、もはや死活問題でしょう。しかし、一方では50%OFFで商品を提供し、且つその中から広告料(厳密に言えば初期費用は不要なので販売手数料)を出してしまうと完全に『赤字』になると言うオーナー様も多いと推測します。確かに上記文章のみを見ればそうです。『赤字』を出してまで行う必要はないと私も思います。
但し、私が集客に困っているオーナーなら迷わずこれらを使うでしょう。そして確実に利益を確保するとも思います。(あくまで食材費に対しての利益です。その他の費用は含みません)そんな方法があるのか?ないとは言えません。何故ならばフラッシュマーケティングの原理を理解すれば良いだけの話しなのです。
原理を理解すればリスクマネージメントできます。リスクマネージメントをしっかり行えばオペレーションが生まれます。オペレーションが生まれればそれらをぞ持続的な販促費にもまわせると言う事です。このような表現では分かりづらいでしょうから例文を基に解説を実施します
●何を対象メニューと考えるのか?という事
間違っても客単価の低い商品を割引すべきではありません。客単価の高い商品を割引すべきです。例えば鍋を出すお店ならフラッシュマーケティングに出展する商品は『ふぐ』や『最上級の和牛しゃぶゃしゃぶ』です。これらは通常は非常に高額です。理由は簡単、希少価値があり美味しいので人気があり仕入れ値が高いからではないでしょうか?ここでは仮に通常は1人10000円で提供しているサービスとして考えてみます。(※少なくても原価は30%以上でしょう。)
まあこのような高級食材を出して置くの最も無難です。マズイと言われる事はそこまで多くないとは思います。要は一番良い食材を使って調理すると言う事です。
●50%で販売しても良いものとはを考えましょう
ここはフラッシュマーケティング特有の論理が必要です。例えば先ほどの食材原価が4000円とした場合、50%offで提供したとして、フラッシュマーケティング会社への販売手数料を30%と計算すると、ハッキリ言うと利益はありません。確実に『赤字』です。
販売した価格X販売枚数=総売り上げに対しての%なのです。よって100枚販売したと想定すると、50万円(総売り上げ)の30%(販売手数料)となります。※15万 
1枚のクーポンあたり1000円の利益ですから、(1000円X100枚)=10万です。よってこの方法を採用して100枚販売すれば、5万は損すると言う事です。では逆に200枚販売するとしたらどうでしょう。5000円X200枚=100万,販売手数料は30万です。お店の獲得できる利益は20万ですので、10万の損失です。
要は食材に対する利益が1000円以上のものでなければならないとなります。仮に3500円が食材原価だったと想定すると、100枚→15万 販売手数料:15万で±0円です。200枚の場合も同様です。
と言う事は10000円のメニューを5000円で販売するとした場合、食材原価に対する割引価格が1500円以上(食材費に対する利益)のものであればフラッシュマーケティングを採用しても、利益は取れる計算になります。そんなようなメニューが既存である場合、それをフラッシュマーケティング対象メニューとすれば良いし、ないならば作れば良いと思います。(10000円で出してもおかしくないメニューを食材原価3500円以下で)これらは、料理人様の腕があればそこまで過酷な条件ではないと思います。(定価で売る事はかなり難しいでしょうが)
仮に食材原価を3400円とした場合、手数料を引いた利益は100枚販売でたったの1万です。200枚ならばたったの2万です。3400円以下に落とす事も方法でしょうがあまりにも落としすぎると、逆に10000円(定価)で出せないメニューになるので気をつけた方が良いでしょう。上記の方法を参照すると、食材仕入れに対しての赤字を出さない為の『ポイント』となる部分も見えてくると思います。
●次回来店目標率の設定です。これが最も重要です。
実はこの作業がないから、単なる『赤字』で終わる場合も多いのが確かです。私ならば次回来店率目標(現実的)を10%以下(厳密には8%で十分)と設定します。たったの10%と言う声も聞こえるかも知れませんがハッキリ言うとそれ以上は希望的観測です。
再来店率は最低のラインを水準とするのが得策です。何故なら安いから来店してくれるお客様はリピートにつながりにくい(要はクーポンを買いまくっているユーザーである確率が高いわけです)ここで最も考えたい事は100人の内、10人が再来店してもらう為の方法論と店舗オペレーションなのです。ここが『赤字』になるか『黒字』になるかの最大の攻防戦なのです。たったの10人、されど10人の難しさを乗り越えるには『気持ち』なんて言う漠然としたものだけに、頼る事はよした方が良いでしょう。(特に従業員が接客する場合)
まず、クーポンを利用して来店した方が次回来場してくれたのか?接客だ。サービスだ。という前に、ここをしっかり管理出来ていなければ何も分かりません。要はデータ検証しましょうと言う事です。飲食店の場合顧客概念がない業種とも言えますので、システムを導入するよりも、店舗オペレーション強化と、次回来店目印になる方法論を、私ならば考えるでしょう。
とにかく1度クーポンを利用した方が次回来店した事を1目で、全スタッフがはっきり分かるようにしなければなりません。その為に店舗のオペレーションも飲食店であれば180度変える必要もあるかも知れませんしスタッフに対する要求レベルも自ずと向上させる必要もあります。オーナーが最も意識変換が必要なのは言うまでもありません
実は、私この方法で以前、クーポン来場者のリピート率を(1回1000円のレッスン参加者)12%→35%(1回2000円のチケット購入)まで引き上げた経験があります(全てデータ取得した数値です)※飲食店ではありませんが
これらが実現すると、上記ではたった1万円だった利益の継続的向上が見込めます。よって最初は抽出できなかった『人件費・光熱費』も確実に上がってくるようになります。そうしたら効果の続くまでフラッシュマーケティングを仕掛けて新規集客を図れば良いのです。クーポン自体では大して儲からないかも知れませんが、クーポンが人を呼んでくると考えれば広告を出すよりは確実でしょう。※勿論それらの効果も永久ではありません
結論として、クーポンなんか実はどうでも良い事であり、1回1回で食材仕入れ原価割れを1円でもおこさない設定と、来場者を次回来店にどれ位、結びつけるのか?と言う目標設定とそれに対する店舗で統一されたオペレーションの存在が重要だと言う事なのです。
①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
当社のホームページ・リニューアル制作は、デザイン改善に留まらず数値的改善も重視しております。リニューアルのご相談を頂く際は下記項目を事前にご通知頂けますと、現状のサイトの問題点やストロングポイントを捉えやすく、適切な回答が可能となりますので、お手数ですがお問い合わせフォーム内「具体的なお問い合わせ・相談内容」に以下内容をご記入ください。 なおGoogle analyticsを導入されていないお客様に関しましては、無償にて導入のサポートを実施致しております。どうぞお気軽にご相談ください。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください